ここから本文です。

更新日:平成27(2015)年2月5日

ちば県民だより(平成27年2月号)3面

 知事対談39 千葉を元気に!
日本料理店若女将 勝田 和世(かつた かずよ) さん

プロフィール
  栄町の日本料理店「金田屋」若女将として、老舗の味を守りながら新商品開発に取り組む。昨年2月、「食のちばの逸品を発掘2014」コンテストにおいて『黒豆の生カステラ』を出品、女性起業家等部門で金賞を受賞。

特産物で地元をPR

知事
  県のコンテストで金賞を取った「黒豆の生カステラ」、いただきました。
あのカステラは勝田さんが考えたのですか。

勝田さん
  主人と一緒に考えました。地元特産の黒大豆「どらまめ」がとてもおいしいのと、もともとは丹波篠山(たんばささやま)の品種で、関東で作るのは難しいのですが、地元の方々が努力して丹精込めて作られていましたから、ぜひ黒豆を生かしたスイーツを作りたいと思いました。

知事
  あのしっとりとした食感がいいですね。完成するまでにさまざまな苦労があったのではないですか。

勝田さん
  魚のすり身と一緒にしてかまぼこ風にしたものとか、いろいろと試作してみました。
  その中で、黒豆と卵の相性がいいことや、黒豆は甘く煮た方が風味が引き立つということで、カステラにしようと思いました。
卵の比重や小麦粉の量を変えて、しっとり感を出すのに何回も作り直しました。

知事
  全国物産展に出品し、ご当地おやつランキングで6位になるなど、頑張っていらっしゃるので注目していますよ。

勝田さん
  知事が栄町にお越しになった時に言われた、「どらまめをもっとPRしたほうがいい」という言葉がずっと心に響いていたんです。
生産者の方々も「頑張って作るから、何とかPRしてほしい」と言ってくださり、周りの方々も協力してくれるので、支えられてできていると思っています。

知事
  みんなの応援があるということが大事ですよね。今後は、どのようなことをしたいと思っていますか。

勝田さん
  栄町には、「川」という重要な資源があるので、少し時間はかかると思いますが、屋形船などを使った事業を行いたいですね。もっと、「川」を見直すような機会が増えればいいなと思っています。

知事
  台湾への2度のトップセールスには、観光ミッション団として参加され、地元のPRに努められていますね。現地の方々と会ってみて、どのように感じていらっしゃいますか。

勝田さん
  いろいろなお話を伺えました。味の好みが日本とは違い、厳しい意見も多いので、それはきちんと受け止めなければいけないと思っています。
それでも、日本の文化や食には大変興味を持っていらっしゃいますので、商談中に色々な写真を見せてご紹介しますと、皆さん「すごく行ってみたい」と言ってくださいますので、これからももっと交流をしていきたいと思います。

知事
  最後に、地元をどのようにPRしていきたいと思っていらっしゃいますか。

勝田さん
  町には、「房総のむら」や国の史跡の「岩屋古墳」があります。このような観光資源を活用したPRができればいいと思っています。

知事
  これからも、地元のPRや特産物を生かした魅力ある商品を期待しています。

 

 春の全国火災予防運動

もういいかい火を消すまではまあだだよ

  3月1日から7日までは、「春の全国火災予防運動」の期間です。
この季節は、火災が発生しやすくなります。火の取り扱いには十分注意しましょう。
  また、全ての住宅に住宅用火災警報器の設置が義務付けられています。
大切な命を守るため、必ず設置しましょう。

住宅防火 いのちを守る7つのポイント

「3つの習慣」

  • 寝たばこは、絶対やめる。
  • ストーブは、燃えやすいものから離れた位置で使用する。
  • ガスこんろなどのそばを離れるときは、必ず火を消す。

「4つの対策」

  • 逃げ遅れを防ぐために、住宅用火災警報器を設置する。
  • 寝具、衣類およびカーテンからの火災を防ぐために、防炎品を使用する。
  • 火災を小さいうちに消すために、住宅用消火器などを設置する。
  • お年寄りや身体の不自由な人を守るために、隣近所の協力体制をつくる。

問い合わせ 県消防課 TEL 043(223)2177

  

 危険ドラッグは「持たない!買わない!使わない!」

  危険ドラッグを巡っては、その使用による重大な健康被害や第三者を巻き込んだ交通死亡事故が発生するなど大きな社会問題となっています。
県では、千葉県出身のタレントが出演するポスターや動画を作成し、危険ドラッグの乱用防止を呼び掛けています。このポスターや動画はホームページから見ることができます。
  危険ドラッグは大変危険です。「持たない!買わない!使わない!」を合言葉に千葉県から危険ドラッグを根絶する輪を広げましょう!

【薬物乱用に関する相談先】

  • 各健康福祉センター(保健所)または警察署
    千葉県警察少年センターヤング・テレホン
    TEL 0120(783)497
  • 県精神保健福祉センター(相談専用)
    TEL 043(263)3893

問い合わせ 県薬務課 TEL 043(223)2620
HP 危険ドラッグは持たない!買わない!使わない!

 

 ニューフィル千葉 創立30周年イヤー!

  「ニューフィルハーモニーオーケストラ千葉」創立30周年の幕開けを飾る「ニューイヤーコンサート2015」を、1月11日(日曜日)に開催し、多くのお客さまにご来場いただきました。引き続き、5月31日(日曜日)に「第97回定期演奏会」を開催します。
  平成25年5月の「第93回定期演奏会」から取り組んできた「ベートーベン交響曲全曲演奏チクルス※」も、いよいよフィナーレ。10月25日(日曜日)の最終回「チクルスV」では、交響曲第9番が演奏されます。
※チクルス…特定の作曲家の作品を連続して演奏する音楽会
  30年の歴史が、この千葉県の地に育んできた素晴らしいハーモニーに、ぜひ耳を傾けてみてください。
  各演奏会の詳細は、随時、ホームページに掲載していきます。

ニューフィル千葉のロゴマーク、キャッチフレーズが決定!

昨年、創立30周年を記念して募集していた、ロゴマークとキャッチフレーズが決まりました。皆さんからのたくさんのご応募、ありがとうございました。

キャッチフレーズ 「かなでる、千葉が響き出す」

30周年記念事業~これからの演奏会~

  • 第97回定期演奏会
    日時 5月31日(日曜日)14時開演
    会場 習志野文化ホール
  • 特別演奏会夏休みコンサート
    日時 8月8日(土曜日)13時30分開演
    会場 京葉銀行文化プラザ
  • 第98回定期演奏会 ベートーベン交響曲チクルスV
    日時 10月25日(日曜日)14時開演
    会場 千葉県文化会館大ホール

問い合わせ ニューフィルハーモニーオーケストラ千葉事務局
TEL 043(222)4231 HP 公益財団法人ニューフィルハーモニーオーケストラ千葉外部サイトへのリンク

 

前のページ 次のページ

よくある質問

お問い合わせ

所属課室:総合企画部報道広報課広報班

電話番号:043-223-2241

ファックス番号:043-227-0146

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?