ここから本文です。

更新日:平成26(2014)年12月5日

ちば県民だより(平成26年12月号)2面

年末年始を安全に安心して過ごすために

慌ただしいこの季節、交通量が増加し、重大な交通事故が多発する傾向にあります。
忘年会など飲酒の機会も増えますが、飲酒運転は絶対にしてはいけません。
また、振り込め詐欺やひったくりなどの犯罪被害に遭わないよう心掛けていくことも大事です。
年末年始を安全に安心して過ごすために、あらためて交通事故防止と防犯のポイントを確認しましょう。
 

問い合わせ
県生活安全課
TEL 043(223)2263・2333 FAX 043(221)2969
HP 生活安全課
県警察本部交通総務課・生活安全総務課・地域課
TEL 043(201)0110(代表)
HP 千葉県警察外部サイトへのリンク

冬の交通安全運動

期間 12月10日(水曜日)~31日(水曜日)
スローガン
なくそうよ ぼくらの町の 飲酒運転を

  千葉県における交通事故死者数は、本年10月末現在、129人、前年の同じ時期と比べて12人減少しています。65歳以上の高齢者の死者数は71人と、全体の5割以上を占めています。
  県では、交通事故を減らすため、高齢者などに対する交通安全教室や反射材の普及を進めています。

飲酒運転の根絶

  飲酒運転は犯罪です。運転する人にお酒を提供することや、飲酒運転車両に同乗することも犯罪です。飲酒運転を根絶するため、職場、家庭、飲食店など地域ぐるみで「飲酒運転をしない・させない・許さない」環境を作りましょう。

交通事故を防ぐために

【車を運転する皆さんへ】

  • 歩行者や他の車両に自分の車の存在を知らせるためにも、日没前のライト点灯を心掛けましょう。
  • 夕暮れ時や夜間は、他の車両や歩行者などを確認しにくいことを自覚し、安全な速度で通行するなど、ゆとりのある運転を心掛けましょう。

【歩行者の皆さんへ】

  • 道路を横断する際は、横断歩道などの安全な場所で、左右の安全確認を確実に行ってから横断しましょう。
  • 高齢者の方は、歩行速度の低下などの身体機能の変化を認識し、遠回りでも信号や横断歩道を渡るなどの安全行動を実践しましょう。

【自転車利用者の皆さんへ】

  • 自転車安全利用五則を守りましょう。
  • 自転車は、車道が原則、歩道は例外
  • 車道は左側を通行
  • 歩道は歩行者優先で、車道寄りを徐行
  • 安全ルールを守る
  • 子ども(13歳未満)は乗車用ヘルメットを着用

ゼブラ・ストップ活動で交通事故「ストップ」

ゼ「前方(ぜんぽう)」
  前をよく見て安全運転、横断歩道を発見したら、その周りに歩行者等がいないか十分注意!

ブ「ブレーキ」
  渡ろうとする歩行者等がいるかもしれない場合は、横断歩道の手前で停まれる速度で進もう!

ラ「ライト」
  3(サン)・ライト運動で道路横断中の交通事故防止!

3(サン)・ライト運動実施中

夕暮れ時から夜間の交通事故防止
(1)ライト(前照灯)
早めのライト点灯、こまめな切り替え
(2)ライト・アップ(目立つ)
反射材、LEDライト等の活用
(3)ライト(右)
右からの横断者にも注意

「3・ライト運動」を推進して交通事故を防止し、太陽(サン)のように明るく、幸せな人生を送りましょう。

横断する歩行者がいたら、必ず「ストップ(一時停止)」で交通事故「ストップ」

振り込め詐欺撲滅

  千葉県における振り込め詐欺被害は、本年10月末現在、920件、約32億円にも上り、既に平成25年中の件数、被害額を大幅に上回っています。
  最近では、自宅に現金を受け取りに来たり、言葉巧みに駅や公園などに呼び出して受け取るケースが増加しています。
  日頃から絆を深めておくことで、大切な家族を振り込め詐欺の被害から守りましょう。

こんな手口が、あなたを狙っています!

  • カバン失くした手口 「小切手の入ったカバンを失くした、会社に損害を与えないようにお金を用意して同僚に渡してほしい。」
  • 還付金もらえます手口 「税金や医療費の還付金があるから、すぐにATMに行ってください。」
  • 示談金必要手口 「交通事故を起こした、すぐに示談金が必要。」
  • 会社の金を使い込んだ手口 「会社の金を株に使い込んでしまいバレた。今日中にお金を振り込まないとクビになる。」

こんな電話がかかってきたら
お金を用意する前に必ず家族に確認・警察に相談
振り込め詐欺相談専用ダイヤル
フリーダイヤル0120-494(ヨクシ)-506(コール)

ひったくり、空き巣に注意

  千葉県におけるひったくりや空き巣被害は前年に比べて減少していますが、例年年末に被害が増加する傾向にあるので注意しましょう。

ひったくり!防止 ちばカエル作戦

  • バッグはタスキにかけカエル
  • 手荷物は歩道側にもちカエル
  • バイクの音にはふりカエル
  • 自転車のカゴにはカバーをつけカエル

4つのカエル作戦を実践しましょう

空き巣に注意!!泥棒はあなたの隙を狙っています

  • 外出時には施錠の徹底
  • 窓ガラスの防犯対策
  • 外出時は隣近所にひと声を

※泥棒の約7割が窓から侵入しています。また、約3割が無施錠箇所から侵入しています。

コンビニ防犯ボックス継続中

  モデル事業として千葉市と市川市で運用していたコンビニ防犯ボックスは、空き巣の減少や地域防犯の拠点として防犯ボランティア活動の活性化などの効果が認められました。
  現在、モデル事業で実施した2カ所を継続するとともに、事業の拡大に向けてさまざまな検討をしているところです。
設置場所
千葉市中央区星久喜(ほしぐき)町(ミニストップ千葉星久喜店)
市川市南大野1丁目(デイリーヤマザキ市川南大野店)
開設時間 14時から22時まで
主な活動 防犯ボランティアとの合同パトロール、通学路などにおける見守り活動、広報情報発信活動など

前のページ 次のページ

よくある質問

お問い合わせ

所属課室:総合企画部報道広報課広報班

電話番号:043-223-2241

ファックス番号:043-227-0146

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?