ここから本文です。

更新日:平成26(2014)年11月5日

ちば県民だより(平成26年11月号)8面

 チーバくんのお出かけガイド

富津の湧き水(富津(ふっつ)市)
紅葉の見ごろ 11月下旬~12月上旬

富津の湧き水地図  志駒(しこま)川沿いにおよそ10キロにわたって続く通称「もみじロード」は県内屈指の紅葉の名所です。この沿線に、水室山(みむろやま)を水源とする湧き水があります。「銘水(めいすい)滝の不動尊」は、いまだかつて、どんな日照りにも枯れたことがないといわれているほど水量豊かです。「志駒不動様(しこまふどうさま)の霊水(れいすい)」は、観光客にも利用しやすく整備され、炊飯やお茶・コーヒーなどに合うといわれています。

★チーバくんのおすすめ★
銘水滝の不動尊の近くの直売所では、収穫したばかりの新鮮な野菜などを販売しているよ

場所 銘水滝の不動尊/富津市田原(たばら)字滝ノ前792
志駒不動様の霊水/富津市志駒90-1
交通 富津中央インターチェンジから7キロ
問い合わせ 富津市商工観光課 TEL 0439(80)1291

 

さつまいもの掘り取り体験(成田(なりた)市)
日時 11月23日(日曜日・祝日)9時30分~ ※サツマイモが無くなり次第終了

いも堀り会場地図  全国でも有数のサツマイモの産地である成田市大栄(たいえい)地区で、毎年開催されているいも掘り体験イベントです。「日本一のいも掘り広場」と銘打ち、特産のベニアズマ※1を掘り取ることができます。
また、新鮮野菜の掘り取りや地元農産物加工品などの販売があるほか豚汁の無料サービスなど、秋の味覚と自然を存分に楽しめるイベントです。
※1…有料5キロ、500円

★チーバくんのおすすめ★
当日は、10時から15時まで、日本自動車大学校で「大栄ふるさとふれあいまつり」が開催されるよ

場所 大栄B&G海洋センター(成田市一坪田(ひとつぼた)388)付近
交通 東関東自動車道大栄インターチェンジから車で10分 無料駐車場あり
問い合わせ
いも掘り広場/日本一のいも掘り広場実行委員会 TEL 0476(73)2988
大栄ふるさとふれあいまつり※2/ふれあいまつり事務局 TEL 0476(73)2002
※2…いも掘り会場から、30分毎に無料シャトルバスの運行あり

 拝見! 千葉の輝き(31)
上総掘り技術伝承研究会(袖ケ浦市)

世界に通じる千葉の井戸掘り技術

  「上総掘(かずさぼ)り」は、重機や電力を必要とせず、少人数でも深井戸を掘ることができる技術です。竹の反発力を利用するので、女性や子どもの力でも掘り進めることが可能。国の重要無形民俗文化財に指定されているこの技術を後世に残そうと活動しているのが、「上総掘り技術伝承研究会」です。
  無事故で200本以上の上総掘り井戸を掘り上げた実績を持つ3代目井戸掘り職人の鶴岡正幸(つるおかまさゆき)さんを会長とし、現在15人ほどのメンバーが、ボランティアで毎週日曜日に袖ケ浦市郷土博物館に集まり、活動しています。
  博物館の「水のふるさと」に常設した上総掘りの足場で、幅広い層の掘削体験を受け入れるほか、国内はもちろん、水不足に悩む中央アジアやアフリカ地域の多くの国々からの見学も受け入れています。
  「会長はよく、『美しい仕事をすること。水の確保と安全が第一』と言います。道具作りや作業を丁寧に行うことで無駄を省き、事故やけがを防ぐと同時に、それが仲間への思いやりにもつながるのです」と話すのは、会員の藤代(ふじしろ)かおるさん。
  上総地区で考案されてから100年以上伝わり、世界にも通じる貴重な技術。
  「仕事を持ちながらの活動は大変なこともありますが、仲間との出会いや絆が得られます。ギニアから来た仲間が母国で井戸を掘り上げた時は、遠くアフリカとのつながりに、醍醐味(だいごみ)を感じました。一緒に伝承してくれるメンバーが増えるとうれしい」と言葉を続けます。
問い合わせ 袖ケ浦市郷土博物館
TEL 0438(63)0811

 旬のレシピ ちばの味(106)

手軽でも栄養は満点!
鮭中骨とたっぷり野菜のスープ

完成図

〈材料〉(4人分)
鮭中骨缶 約1缶(150グラム)
キャベツ 1/2個(400グラム)
ニンジン 中1/2本(120グラム)
春菊 1/2束(80グラム)
シメジ 1パック(160グラム)
水 600cc
固形スープの素 1個
ローリエ 2枚
塩 1グラム
コショウ 少々
(1人分/約80キロカロリー 脂質1.5グラム 塩分1.2グラム)

【作り方】
(1)キャベツは縦に切り、ニンジンは厚さ5ミリの半月切り、シメジは石突きを取ってほぐしておく。
(2)鍋で水を沸騰させ、鮭中骨缶を汁ごとと、(1)を入れ、固形スープの素、ローリエも加える。煮立ったら弱火にし、野菜が柔らかくなるまで15分程煮る。
(3)春菊を加え、塩で味を調え、コショウをたっぷり振る。

カンタン!!野菜たっぷり!!ヘルシー料理コンテスト知事賞作品 松浦美奈子(まつうらみなこ)さん作

〈コツ〉
  缶詰を汁ごと利用するため、手軽で無駄がなく、カルシウムもたっぷりです。煮汁がかなり少なめですので、煮詰まってしまうようなら、途中で水を加えてください。鮭中骨缶は、メーカーによって内容量がまちまちですが、150グラムくらいが目安です。キャベツ・春菊が大きいときは、食べやすい大きさに切ります。お好みでショウガの千切りを加えたり、トマト味に仕上げてもおいしくできます。
〔調理協力・千葉伝統郷土料理研究会〕

キャベツの豆知識
キャベツには、風邪予防や疲労回復の効果のあるビタミンCが豊富に含まれています。丸ごと保存する時は、芯を包丁でくり抜いて、水を含ませたキッチンペーパーをくり抜いた芯の部分に詰めてから、ポリ袋に入れて冷蔵庫の野菜庫に入れます。

チバテレ「ウィークリー千葉県」(毎週土曜日夜10時~10時15分)でレシピのコツや旬の食材などを紹介しています。(放送終了後は千葉県ホームページ「インターネット放送局」で動画配信しています。)
HP ウィークリー千葉県

問い合わせ 県報道広報課
TEL 043(223)2241

前のページ

よくある質問

お問い合わせ

所属課室:総合企画部報道広報課広報班

電話番号:043-223-2241

ファックス番号:043-227-0146

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?