サービス停止情報

現在情報はありません。

ここから本文です。

ホーム > くらし・福祉・健康 > 福祉・子育て > 高齢者 > 高齢者支援 > 「我がまちシニア応援プロジェクト事業」

更新日:平成30(2018)年9月13日

「我がまちシニア応援プロジェクト事業」

「我がまちシニア応援プロジェクト事業」について

千葉県では、急速に高齢化が進んでおり、介護予防や生活支援など高齢者を支える地域福祉団体の役割が非常に重要となっています。
そこで、千葉県では、地域福祉団体の活動を支援するため、情報発信やマーケティング等の運営面で支援を必要としている地域福祉団体とプロボノ(※)を行う人材をマッチングし、その団体の取組を支援することで運営活動の強化を目指す事業を行っています。
支援を行うプロボノの人材についても、高齢者の方やこれから高齢者になる中高年齢層の方を対象とすることで、地域活動への参加のきっかけとするとともに、今後の生きがいづくりにつなげることを目的としています。

(※)プロボノとは
仕事で培った専門的な知識や技能、経験を活かし社会に貢献するボランティアのこと。

平成30年度事業

プロボノによる支援を希望する団体を募集中です。
詳しくは下記ページをご覧ください。

支援団体募集について(募集は締め切りました。)

平成29年度事業

平成29年度は、4つの地域福祉団体を対象に、約2カ月(2017年11月~2018年1月)の期間をかけてプロボノによる支援を行いました。

団体名 団体概要 プロボノ活動内容 成果物
社会福祉法人千葉市社会福祉協議会加曾利地区部会 健康づくり、福祉施設と交流、サロン活動等、多岐にわたる活動を実施している中で、特に、庭木の剪定や家具の移動など住民の困り事に応える有償ボランティアサービス「助けあいのかい」の活動に積極的に取り組んでいます。 若い世代などに有償ボランティアの担い手を拡大するために効果が期待できる施策を検討・提案しました。 担い手募集の方法を、チラシやデータベースなどのツールをもとに提案しました。
NPO法人スマイルクラブ 日本の高齢者、障がい者が元気に生活し、イキイキと仕事が出来る「スマイルタウン」の実現を目指して各種スポーツ教室を運営しています。 まだ認知症や転倒予防へ意識を持っていない層を取り込むためのプログラムやスポーツ活動について、ニーズを調査し、具体的な施策について検討・提案しました。 参加者にアンケートを取り、行政関係者にインタビューを実施。その結果を報告書にまとめました。
浦安介護予防アカデミア 介護予防に必要と言われる項目を網羅するウォーキング班、栄養班、口腔班、体操班、談話・傾聴班、脳トレ班の6つの活動、および総務・経理等の活動を、7つの班で実施しています。 運営の担い手の高齢化と不足により、活動の維持・拡大が難しくなっていました。そのため、運営の担い手拡大に向けた具体的な施策について検討・提案しました。 担い手募集のチラシおよびそのチラシを作成するに至った過程を提案資料にまとめました。
NPO法人たすけあいはとぽっぽ 住民同士の助け合いの理念に基づいて、高齢・障がい・病気等で困っている方の生活支援を有償ボランティアで行っています。 賛助会員獲得に向け、現在の取り組みを把握したうえで、改善につながる提案を行うとともに、案内資料の作成など具体的なツールを作成しました。 賛助会員募集のチラシ作成およびそこに至るまでの調査内容を報告書にまとめました。

 

事業報告会(委託先:特定非営利活動法人サービスグラントホームページ)外部サイトへのリンク

よくある質問

お問い合わせ

所属課室:健康福祉部高齢者福祉課地域包括ケア推進班

電話番号:043-223-2342

ファックス番号:043-227-0050

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?