ここから本文です。

ホーム > くらし・福祉・健康 > 福祉・子育て > 高齢者 > 千葉県福祉ふれあいプラザの指定管理について > 千葉県福祉ふれあいプラザ指定管理者管理運営状況評価(平成26年度)

更新日:平成27(2015)年9月30日

千葉県福祉ふれあいプラザ指定管理者管理運営状況評価(平成26年度)

1概要

(1)施設名称
施設名 千葉県福祉ふれあいプラザ
指定管理者 長寿社会文化協会・ACOBA共同事業体
指定管理期間 平成26年度~平成30年度
評価対象年度 平成26年度

第三者評価の

有無(今回)

施設所管課

健康福祉部高齢者福祉課

(2)施設の設置目的等

設置目的

高齢者の介護に関する地域及び技術の普及を図り、介護予防に資する運動のための施設を提供するとともに、高齢者をはじめとする県民にスポーツ、文化等に関する活動の機会を提供することにより、県民の福祉の向上を図る。

指定管理者が行う業務の範囲

(1)介護実習センターに係る管理業務

(2)介護予防トレーニングセンターに係る管理業務

(3)ふれあいホールに係る管理業務

 

(3)施設の運営状況

年度

利用者(人)

※1

事業費等の内訳(千円)

指定管理料
(A)

その他維持
管理費(B)※2

利用料金
(C)

事業費総額
(A+B+C)

使用料等
県収入(D)

県の収支
(D-A-B)

24年度

171,041

89,000

 

22,791

111,791

 

(89,000)

25年度

192,096

89,000

 

23,293

112,293

 

(89,000)

26年度

188,805

90,500

 

25,696

116,196

 

(90,500)

※1:カウント方法:施設利用者数

※2:維持補修費、委託料、工事請負費、備品購入費(指定管理料に含まれるものを除く)

2評価結果

(1)管理運営状況評価
評価項目 評価 評価理由等
管理業務の実施状況に関する事項 施設の設置目的・法令等の遵守等 2
  • 法令を遵守するとともに、施設の設置目的を理解し、適切に管理運営を行っている。個人情報の取扱いには、細心の注意を払い、厳しく管理している。
安全性の確保 3
  • 施設安全管理委員会を組織し、施設・設備の安全性確保に取り組んでいる。防災訓練の実施やヒヤリ・ハット集の更新や職員間の周知徹底により、安全性について職員の意識向上に努めている。
適切な管理運営 2
  • 関係機関と連携を取りながら、適切に管理運営を行っている。環境美化のほか、夏季は節電と熱中症対策に取り組んだ。
適切な財産管理 3
  • 設備・備品等については、経年劣化対策として必要な保守点検及び修繕を、事業計画を上回って実施した。また、備品管理については、職員で備品管理委員会を組織し、適正に行っている。
事業の企画運営に関する事項 事業の実施
(必須事業)
3
  • 各事業について、概ね計画書の通り実施され、多くの県民の利用があった。特に、一般県民研修について出張講座の回数を増やし、広域的な参加者の利用拡大が図られている。
サービスの向上
自主事業
地域の連携等
3
  • 自主事業の各種イベントでは、広報に取り組み、施設の周知拡大が図られた。なお、県の介護予防の拠点として、特に認知症予防や認知症への理解の啓発に力を入れた。
施設利用状況に関する事項 3
  • 平成26年度は、総利用者数こそ前年度と比べ減少に転じたが、介護トレーニングセンターでは増加しており、リピーターの多さが伺える。また利用料金収入は前年度より増加している。認知度向上、利用者増加のため、出張研修を多く実施するとともに広報活動も拡大して実施している。.
管理運営体制 2
  • 幅広い年齢層の人材を確保し、各施設に適切な人員配置を行っている。また、各種研修会やミーティングにより、職員の資質向上に努めている。
収支状況 2
  • 予算の範囲内で概ね適性に運営されており、財務状況は健全と認められる。
利用者意見の反映
利用者満足度
3
  • 利用者アンケートを実施し、収集した利用者意見を職員で共有し、柔軟に反映させながら管理運営を行っている。アンケート結果からは利用者満足度は高いと認められる。
総合評価 優良 各評価項目の合計得点26点/30点(86%)
各項目の評価点数の平均点2.6点

 

(2)特記事項
特に評価される点
  • 県民講座や自主事業を活発に開催して利用者数を伸ばしているほか、サービス向上にも積極的に取り組み、アンケートにおいて高い満足度を得ていることは評価される。
次年度に向けて
改善が望まれる点
  • 県の介護予防の拠点として、一般県民向けの介護予防等の出張研修については、事業拡大が見られたが、更なる広域的な展開が望まれる。
前年度評価で改善が望まれると
指摘された点とその改善状況
  • 県の介護予防の拠点として、市町村等関係者や専門職を対象に、ニーズに合った研修を実施し、介護予防の普及・啓発に努めた。

3その他

第三者評価におけるその他の意見

第三者評価は実施していない。

よくある質問

お問い合わせ

所属課室:健康福祉部高齢者福祉課生きがい活動推進班

電話番号:043-223-2328

ファックス番号:043-227-0050

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?