ここから本文です。

更新日:令和2(2020)年6月26日

ページ番号:2400

施設における感染性胃腸炎の集団発生の予防について

本年11月以降保育所や学校等において集団発生の報告が増加しております。
ノロウィルスによる感染性胃腸炎は、特に高齢者では嘔吐や下痢により脱水症状を起こすことがあることから、下記事項について各事業所におかれましても十分に注意し、感染予防対策をされますようお願いします。

  1. 飲食の前には必ず手を洗うこと。
  2. 調理する時は、十分に加熱すること。
  3. 施設使用者に嘔吐・下痢等の症状がある時は早めに受診勧奨すること。
  4. 職員等に対し、感染症対策を徹底し、日頃から健康管理に努めること。
  5. 床等に飛び散った患者の吐物やふん便を処理する時は、使い捨てのマスクと手袋を着用し、汚物を静かに拭き取り、拭き取った後は、適切な濃度の塩素系消毒薬で床を浸すように拭くこと。
  6. 施設内で複数の患者が発生した場合には、早急に管轄健康福祉センター(保健所)へ連絡すること。

お問い合わせ

所属課室:健康福祉部高齢者福祉課介護事業者指導班

電話番号:043-223-2386

ファックス番号:043-227-0050

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?