サービス停止情報

現在情報はありません。

ここから本文です。

更新日:平成29(2017)年3月13日

生息場所の創出

環境配慮点:生き物の住みやすい環境づくり
環境配慮方法:生息場所の創出

ミティゲーションとは?

現況保全

現況保全

現況の生態系保護ため、旧水路を保存するとともに、保存水域の水を確保した。

ミティゲーション:回避

対象種:魚類

代替地の整備

代替地の整備

工事区域に隣接する休耕田を利用して、畦ぬりや水生植物の移植を行い、水生生物の代替生息地を整備した。

ミティゲーション:代償

対象種:水生生物

植生移植

植生移植

鳥類の生息環境確保と、水路内の日陰地復元のため、河畔木を移植した。

ミティゲーション:影響の軽減/除去

対象種:鳥類

表土扱い

表土扱い

ため池の工事前に堤防の表土をあらかじめ、はいでおき工事後に復元することで、土壌中にある植物の種子など従来の植生を保全した。

ミティゲーション:影響の軽減/除去

対象種:植物

よくある質問

お問い合わせ

所属課室:農林水産部耕地課事業計画室

電話番号:043-223-2859

ファックス番号:043-225-3789

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?