• 病院紹介
  • 病院ご利用案内
  • 診療科・部門紹介
  • 採用情報
  • 地域医療連携室

ここから本文です。

更新日:平成28(2016)年11月16日

使命・目的

千葉県こども病院は、県内小児医療の中枢的役割を果たすため、一般医療機関では対応が困難な特殊で高度な専門的医療を必要とする小児の診断・治療およびそれに付随する相談及び指導を行う小児総合医療施設として開設されました。
また、あわせて千葉県小児医療の中枢機関として、小児医学向上のための調査研究を行い、母子保健、児童福祉に貢献を図るものです。
昭和63年10月1日に許可病床数200床で開設し、現在224床です。

千葉県こども病院の基本理念

 

「その子らしく、その子のために」

私たちは、県立の小児医療施設職員としての自覚を持ち、「児童の権利に関する条約」の基本理念のもと、すべてのこどもの基本的人権を擁護し、すべてのこどもが私たちに実現可能な最高水準の医療と保健サービスを受けられるように日々努力し、未来あるこどもたちの心身の健全な育成をめざします

 

患者さまとご家族の権利と義務

私たちは、患者さまとご家族の権利を尊重し、十分な説明と合意に基づいた医療を行います

1.適切な医療を受ける権利

(疾病の種類、社会的立場等に関わらず、すべての人には良質な医療を平等かつ公平に受ける権利があります。自ら受ける検査や治療方法などについて、説明を受けた上で、自分の意思で選び決定する権利があり、一方で、希望しない医療を拒否したり、医療機関を選択する権利があります。そのために、カルテを含む診療情報の開示やセカンド・オピニオンを求めることができます。)

2.人格を尊重される権利

(個人としてその価値観を尊重され、一人の人間として尊厳をもって接遇されるとともに、自らの意思を述べる権利があります。)

3.医療に関して知る権利

(病気、検査、治療、危険性、他の治療方法や見通しなどについて、理解しやすい言葉や方法で、十分な説明と情報の提供を受ける権利があります。また、医療費や公的支援制度などについての説明を受ける権利もあります。)

4.プライバシーを守られる権利

(自身の身体や病気をはじめとするすべての個人情報及びプライバシーを守られる権利があります。)

5.病院と協力して医療に取り組む義務

(正確な情報を提供するとともに、疾病や医療を十分理解するよう努力する義務、医療に積極的に取り組む義務、快適な医療環境づくりに協力する義務があります。)

私達の目標

私たちは、

  1. こどもの生命(いのち)と安全を第一に考えます
    (こどもの生命(いのち)と安全を第一に)
  2. こどもたちをひとりの人間として、その尊厳と権利を守ります
    (人間としての尊厳と権利の擁護)
  3. 患者さま中心の最良の医療を提供し、サービスの向上につとめます
    (最良の医療の提供とサービス向上)
  4. 患者さまやご家族に充分な情報を提供し、開かれた病院をめざします
    (積極的な情報提供)
  5. 病院運営に主体的に参画し、病院経営の健全化につとめ、働きがいのある病院をめざします
    (病院運営への参加と働きがいの追求)
  6. いかなる院内暴力も絶対に許しません
    (院内暴力への毅然とした対応)