サービス停止情報

現在情報はありません。

ここから本文です。

報道発表案件

更新日:令和元(2019)年11月22日

平成25年度「ちばコラボ大賞(千葉県知事賞)」表彰事例の決定について

発表日:平成25年11月14日

千葉県環境生活部県民交流・文化課
電話:043-223-4165

県内には、福祉や環境、子育て、まちづくりなどのさまざまな分野で、地縁団体や社会福祉協議会、学校・大学、企業、行政機関等と市民活動団体とが連携して、地域の課題解決に取り組むことで、成果をあげている事例がたくさんあります。
県では、そのような連携事例の中から、他のモデルとなるような優れた事例を知事表彰し、連携の重要性や効果を広く県民の皆さまに周知することにより、連携による地域づくりを促進することを目的として、「ちばコラボ大賞」を実施しています。
第3回目となる今年度は、16件の応募があり、審査の結果、3件を表彰事例に決定しましたのでお知らせします。

1.平成25年度「ちばコラボ大賞」表彰事例

富津市志駒・山中地区「廃校を活用した教育ファームづくり」

過疎・高齢化の進む、富津市志駒・山中地区において、廃校及び周辺の森や田畑を活用した体験イベントなどを行い、地域の活性化を図る取り組みです。

平成20年3月に廃校になった環南小学校を拠点とし、学校園を利用した農業体験や地元の名人によるそば打ち体験、自然の中での川遊び、夏休みに開催されるキャンプ等、年間を通じ、山里の自然ならではのイベントを実施しています。

連携団体

  • NPO法人千葉自然学校
  • 環南みんなの楽校
  • 富津市峰上第十区(志駒地区)
  • 富津市峰上第十一区(山中地区)

関わる全ての人が笑顔になる仕組み

里山に放置されている間伐材を、商品として加工・販売し、その売上を活用することで、環境問題と社会問題の解決、社会貢献活動へとつなげる取り組みです。

全国展開している企業とのタイアップにより、商品作りの一部を福祉作業所へ委託して、福祉作業所の売上および利用者の方々の賃金アップにつなげています。また、委託事業以外で福祉作業所と一緒に作った商品の販売については、売上の一部を、児童養護施設等の改修工事や間伐材で作った大型クリスマスツリーを施設へプレゼントする費用などに充てています。

連携団体

  • 株式会社ソーケン製作所
  • NPO法人ちばMDエコネット
  • NPO法人地域生活支援の会ステップ
  • NPO法人カム・トゥルー石陶房
  • NPO法人1to1

発酵をテーマとした“小さな公”をつなぐまちづくり

老舗の酒蔵や地元農家、商店、市民活動団体等が中心となり、発酵食品の提供はもちろんのこと、発酵を食品以外にも活用したサービスを創造することで、町のイメージアップや交流人口の増加を図り、町を活性化させる取り組みです。

「発酵の里協議会」では、今年1月に、全国の発酵好きや醸造のスペシャリストが集まる「全国発酵食品サミットinこうざき」を開催したほか、発酵熱を利用した酵素風呂の体験、手作り酵素コスメのワークショップなど、「発酵の魅力」を体感できるイベントも行っています。

連携団体

  • NPO法人日本自給教室
  • NPO法人トージバ
  • 株式会社寺田本家
  • 有限会社こうざき自然塾
  • 南実の音農園
  • 福ちゃんのパン
  • みなみ屋
  • 神山酒店
  • 月のとうふ
  • くすくす笑店

以上、「発酵の里協議会」構成団体

 

 

~農業体験の様子~

 

 

 

 

~間伐材バッジ作りの様子~

 

 

 

 

 

~酒蔵見学の様子~

 

 

 

 

 

 

2.平成25年度「ちばコラボ大賞」表彰式

日時

平成25年12月中を予定

場所

千葉県庁本庁舎内を予定

内容

賞状の授与及び記念撮影

参考「ちばコラボ大賞」事業の流れ(平成25年度)

応募件数

16件

審査方法

県事務局による第1次審査と、外部有識者を中心とする審査会による第2次審査を経て、表彰事例を決定した。

 

審査基準

  • 〈目的〉地域社会の現状と課題の把握、その解決に向けた事業の目的と内容が的確か。
  • 〈先駆性〉取組に創意工夫が見られ、他のモデルとなりうる先駆的な要素を有しているか。
  • 〈連携度〉役割分担が明確で、連携団体の特性や能力(例:専門性、ネットワーク等)を活かした取組であるか。
  • 〈成果〉連携して取り組むことにより、相乗効果のある成果が外部に生み出されているか。
  • 〈発展性〉県民参加の促進や他地域への波及など、事業に広がりが見られるか。また、各連携団体に組織としての成長が見られるか。
  • 〈特筆事項〉事業全体を通して、特筆すべき優れた点(加点要素)があるか。

審査会

審査委員長

  • 鎌田元弘(千葉工業大学副学長)

審査委員

  • 國生美南子(特定非営利活動法人たすけあいの会ふきのとう副代表)
  • 松澤一美(社会福祉法人千葉県社会福祉協議会常務理事)
  • 松原朋子(日本マイクロソフト株式会社社長室企業市民活動推進部部長代理)
  • 渡辺鉱(株式会社千葉日報社編集局次長)
  • 安藤三之(千葉県環境生活部県民交流・文化課長)

 

よくある質問

お問い合わせ

所属課室:環境生活部県民生活・文化課県民活動推進班

電話番号:043-223-4147

ファックス番号:043-221-5858

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?