サービス停止情報

現在情報はありません。

ここから本文です。

ホーム > くらし・福祉・健康 > くらし > NPO・ボランティア > (1)県民活動への理解や参加の促進|県民活動推進施策の4つの柱 > ボランティア参加促進事業 > 千葉の里山でおもてなし-持続可能社会に向けたボランティア活動-第7回古民家活用と竹林整備ボランティア(12月15日開催・申込締切12月13日)

更新日:平成30(2018)年11月6日

千葉の里山でおもてなし-持続可能社会に向けたボランティア活動-第7回古民家活用と竹林整備ボランティア(12月15日開催・申込締切12月13日)

千葉県の「ボランティア参加促進事業」の受託事業として実施している「千葉の里山でおもてなしー持続可能社会に向けたボランティア活動ー」では、ボランティア活動に多くの方が関わる機会の創出として、下記のとおりワークショップを開催します。

1行事名

千葉の里山でおもてなしー持続可能社会に向けたボランティア活動ー

第7回古民家活用と竹林整備ボランティア

2主催等

主催:千葉県
企画運営:ちば里山・バイオマス協議会

3開催日、会場及び募集対象

開催日:平成30年12月15日(土曜日)午前9時~午後3時
会場:蔵の宿(千葉県夷隅郡大多喜町湯倉175)

募集対象:小学生以上、10組程度(詳細は下記をご覧ください)

※天候や当NPOのスケジュールで変更することがあります。その場合は参加予定者に事前にお知らせします。

4内容

第2回の市原、第6回の長柄町に続き、第7回となる今回は大多喜町の竹林整備を実施します。ちば里山・バイオマス協議会では、千葉県の「ボランティア参加促進事業」(委託事業)として、千葉県内に多くある竹林が所有者の高齢化とともに荒れて景観が悪いだけでなく獣害の原因になっていることを踏まえ、竹林整備ボランティアの裾野拡大に取り組んでいます。竹林整備の様子

簡単な竹細工の加工など竹を使うことは、子どもにもできるボランティア活動となります。整備されてきれいになった竹林では春にタケノコ堀ができるようになり、やがて千葉県内の景観を良くしていくことにつながります。

参加者の方には、孟宗竹で炊いた竹ごはんによるカレーライスをご用意いたします。また、築200年の古民家や敷地内の天然ガスのガス井戸の見学をすることもできます。

持続可能な農村社会への理解と、県外・海外から来るお客様に、「里山のおもてなし」ができるよう、あなたのちょっとしたお手伝いをお待ちしています。

<お子さまのご参加について>

小学生以上からご参加いただけます。子ども一人につき、大人一人の付き添いが必要です。

※ご注意:ご兄弟がいる場合のみ小学生未満のお子様の参加も可能ですが、お子様人数分の大人の方の付き添いをお願いいたします。チェーンソーやのこぎりなど危険なものもありますので、ご理解のほどよろしくお願いいたします。

<持ち物>

軍手(作業用手袋)、竹用のこぎり、ヘルメットまたは帽子、飲み物、必要な方は着替え等

<服装>

長袖、長ズボン、運動靴

5申込方法

下記申込先の申込フォームまたはメールでお申込みください。

6申込期日

平成30年12月13日(木曜日)

7お申込み・問い合わせ

ちば里山・バイオマス協議会

申込フォーム:https://form.os7.biz/f/56854a7f/

Eメール:chiba@chibakyo.net
ちば里山・バイオマス協議会公式ホームページ外部サイトへのリンク

Facebookイベントページ外部サイトへのリンク

 

よくある質問

お問い合わせ

所属課室:環境生活部県民生活・文化課県民活動推進班

電話番号:043-223-4133

ファックス番号:043-221-5858

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?