サービス停止情報

現在情報はありません。

ここから本文です。

ホーム > くらし・福祉・健康 > くらし > NPO・ボランティア > (1)県民活動への理解や参加の促進|県民活動推進施策の4つの柱 > ボランティア参加促進事業 > 千葉の里山でおもてなし-持続可能社会に向けたボランティア活動-第4回竹灯り準備ボランティア(10月14日開催・申込締切10月11日)

更新日:平成30(2018)年10月3日

千葉の里山でおもてなし-持続可能社会に向けたボランティア活動-第4回竹灯り準備ボランティア(10月14日開催・申込締切10月11日)

千葉県の「ボランティア参加促進事業」の受託事業として実施している「千葉の里山でおもてなしー持続可能社会に向けたボランティア活動ー」では、ボランティア活動に多くの方が関わる機会の創出として、下記のとおりワークショップを開催します。

1行事名

千葉の里山でおもてなしー持続可能社会に向けたボランティア活動ー

第4回竹灯り準備ボランティア

2主催等

主催:千葉県
企画運営:ちば里山・バイオマス協議会

3開催日及び会場

開催日:平成30年10月14日(日曜日)午前9時~午後3時
会場:金鈴塚保存館跡地(木更津市太田山)

対象:どなたでも参加可能

募集人数:20名程度

4内容

11月3日開催の木更津あかり祭「夜灯」(よとぼし)で灯す竹灯りをつくりましょう!自分がつくった竹灯りが灯るときの感動を、是非体験してください。

ちば里山・バイオマス協議会では、「ボランティア参加促進事業」として、千葉県内に多くある竹林が所有者の高齢化とともに荒れて景観が悪いだけでなく獣害の原因になっていることを踏まえ、竹林整備ボランティアの裾野拡大に取り組んでいます。

簡単な竹細工の加工など竹を使うことは、子どもにもできるボランティア活動となります。整備されてきれいになった竹林では春にタケノコ堀りができるようになり、やがて千葉県内の景観を良くしていくことにつながります。

竹灯りづくりは、電動工具インパクトドライバーを使って、竹に穴を開けて行います。またキャンドルを入れる場所をノコギリで開ける、お昼ご飯の準備で調理・火起こしなどの作業があるので、老若男女どなたでも参加可能です。(参加者の方には、お昼ご飯は地元産のお米とイノシシ肉を使った、羽釜で炊いたごはんとイノシシ汁をご用意いたします。)

持続可能な農村社会への理解と、県外・海外から来るお客様に「里山のおもてなし」ができるよう、あなたのちょっとしたお手伝いをお待ちしています。

持ち物:軍手、(お持ちなら)インパクトドライバー、竹用ノコギリ

服装:汚れてもいい格好(スカートは工具に巻き込まれる危険があります。長ズボンをお勧めします)

5申込方法

下記の申込先までメール送付をお願いします。

6申込期日

平成30年10月11日(木曜日)

7お申込み・問い合わせ

申込先:katteni.takebuchou@gmail.com(参加人数と緊急時のご連絡先をお知らせください)

ちば里山・バイオマス協議会
Eメール:chiba@chibakyo.net
ちば里山・バイオマス協議会公式ホームページ外部サイトへのリンク

Facebookイベントページ外部サイトへのリンク

 

よくある質問

お問い合わせ

所属課室:環境生活部県民生活・文化課県民活動推進班

電話番号:043-223-4133

ファックス番号:043-221-5858

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?