サービス停止情報

現在情報はありません。

ここから本文です。

ホーム > くらし・福祉・健康 > くらし > NPO・ボランティア > (1)県民活動への理解や参加の促進|県民活動推進施策の3つの柱 > ボランティア参加促進事業 > 千葉の里山でおもてなし-持続可能社会に向けたボランティア活動-第2回竹林整備を体験しよう(9月17日開催・申込締切9月10日)

更新日:平成30(2018)年8月21日

千葉の里山でおもてなし                                      -持続可能社会に向けたボランティア活動-第2回竹林整備を体験しよう(9月17日開催・申込締切9月10日)

千葉県の「ボランティア参加促進事業」の受託事業として実施している「千葉の里山でおもてなしー持続可能社会に向けたボランティア活動ー」では、ボランティア活動に多くの方が関わる機会の創出として、下記のとおりワークショップを開催します。

1行事名

千葉の里山でおもてなしー持続可能社会に向けたボランティア活動ー

第2回竹林整備を体験しよう

2主催等

主催:千葉県
企画運営:ちば里山・バイオマス協議会

3開催日及び会場

開催日:平成30年9月17日(月曜日・祝日)午前10時30分~午後2時
会場:ソーラーシェアリング上総鶴舞(市原市下矢田963)

※小湊鉄道上総鶴舞駅から徒歩10分

※国道297号線沿いに駐車場有

4内容

竹林整備の様子千葉県内には、多くの竹林があり、所有者の高齢化とともに荒れて景観が悪いだけでなく獣害の原因にもなっています。市原市の竹林で整備の体験をして、里山のおもてなしについて一緒に活動しませんか。簡単な竹細工の加工など、竹を使うことは子供連れでもできるボランティア活動です。結果、きれいになった竹林で春にはタケノコ堀ができるようになり、やがて千葉県内の景観を良くしていくことにつながります。「ボランティア参加促進事業」(委託事業)として、ちば里山・バイオマス協議会は、持続可能な農村社会への理解と、県外・海外から来るお客様に、「里山のおもてなし」ができるよう、あなたのちょっとしたお手伝いをお待ちしています。ぜひお越しください。

  • 竹林整備を見学、一部体験。チェンソーやのこぎりに挑戦。
  • スタッフのレクチャーを受け、のこぎり、かんなで竹の加工(竹カップ、竹とうろう、貯金箱作り)を体験します。できる作業だけで構いません。
  • 昼食は市原市で獲れた新米のおにぎりを作って食べます。
  • 作った竹加工品は、お持ち帰りいただくこともできます。

5申込方法

Eメールで下記の申込先(ちば里山・バイオマス協議会)までお送りください。

6申込期日

 平成30年9月10日(月曜日)

7お申込み・問い合わせ

 

よくある質問

お問い合わせ

所属課室:環境生活部県民生活・文化課県民活動推進班

電話番号:043-223-4133

ファックス番号:043-221-5858

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?