ここから本文です。

更新日:平成30(2018)年12月14日

ページ番号:225

ちばNPO・ボランティア情報マガジン第403号

ちばNPO・ボランティア情報マガジン第403号

2018年11月16日発行
千葉県環境生活部県民生活・文化課

”地域のみんなで創る支え合いと活力のある千葉県”を目指して
千葉県NPO・ボランティア情報ネットもぜひご覧ください。

<メルマガindex>

  • 【1】協働のまちづくりセミナー開催!(県民生活・文化課)
  • 【2】ちばNPOマネジメントセミナー2018(県民生活・文化課)
  • 【3】都市ボランティアを募集しています!(県民生活・文化課)
  • 【4】参加者募集!オール千葉おもてなしシンポジウム~スポーツイベントでのおもてなしのカタチ~(県観光企画課)
  • 【5】民間団体等からの助成情報を更新しました。

 【1】11月27日・大網白里市協働まちづくりセミナー開催!(県民生活・文化課)

協働のまちづくりセミナーとは、県内地域において日頃の地域づくりやボランティア活動等に課題を抱えている方や地域での取組に関心のある方を対象に、活動のヒントとなる講演やスキルを高めるワークショップ、情報交換会を行う取組です。

このセミナーでは、多様な人々が協力し、地域課題の解決を試みる複数の県内事例から地域づくりのヒントを学びます。

【日程】
平成30年11月27日(火曜日)13時30分~16時30分

【会場】
大網白里市保健文化センター3階ホール
(大網白里市大網100番地2)

【テーマ】
「地域づくりは面白い!実例から学ぶ知恵と工夫」

【コーディネーター】
関東学園大学経済学部教授
コミュニティ・デザイナー村正明氏

【定員】50名(先着)

【申込・締切】
電話、ファックス、メールのいずれか(※要事前申込)
締切日:11月19日(月曜日)

【参加費】無料

【詳細はこちら】
https://www.pref.chiba.lg.jp/kkbunka/npo/kyodo/h30/ooamishirasato181127.html
(山武地域|協働によるコミュニティづくり)

【問い合わせ・申込先】
千葉県県民生活・文化課県民活動推進班
電話:043-223-4133
FAX:043-221-5858
MAIL:npo-vo@mz.pref.chiba.lg.jp

 【2】ちばNPOマネジメントセミナー2018(県民生活・文化課)

「担い手不足から抜け出そう!仲間に巻き込む3つのポイント」
活動を続けていると、あるいは団体を運営していると、様々な問題や壁にぶつかります。
「良いことをしたい」「楽しいことをしたい」という気持ちは一緒なのに、時間の足りなさや気持ちのすれ違いが…。

「スタッフのやる気にばらつきがある」「イベント開催がいつも大変」
「作業が多すぎて回しきれない」「メンバーの出入りが多く人が定着しない」
「自分一人だけががんばっているような気がして孤独」…なんて思うことはありませんか?

そんな担い手不足の悩みにサヨナラできる3つのポイントお伝えします。


【概要】
日時:平成30年11月25日(日曜日)
13時30分~16時45分(開場13時15分)
場所:メイプルイン幕張研修室(JR幕張本郷駅南口徒歩3分)
定員:50名
費用:無料
講師:呉哲煥氏(NPO法人CRファクトリー代表理事)
主催:千葉県
運営:特定非営利活動法人まつどNPO協議会

【内容】
13時30分~13時45分ープニング・イントロダクション
13時45分~15時35分
「担い手不足から抜け出そう!仲間に巻き込む3つのポイント」
講師哲煥(ごてつあき)さん
15時35分~15時45分面転換
15時45分~16時35分ークセッション
ゲスト慶次康子(とけしやすこ)さん他
16時35分~16時45分後のご案内

【問い合わせ・申込み】
お名前・団体名を添えて、(1)~(3)のいずれかで、お申し込みください。(締切:11月20日まで)
(1)Webフォームにてhttps://goo.gl/forms/idGvQAJj7bghoiFH2
(2)メールにてcm2018@matsudo-npo.org
(3)お電話にて090-9826-3729
(担当特定非営利活動法人まつどNPO協議会山崎)

 【3】都市ボランティアを募集しています!(県民生活・文化課)

2020年、オリンピック・パラリンピックにおいて国内外からお越しになる多くの来場者や旅行者をあたたかい「おもてなし」でお迎えする「都市ボランティア」を募集しています。

【募集期間】2018年9月12日~12月10日まで

【募集人数】合計3000人程度

  • 千葉会場1,700人
  • 一宮会場150人
  • 成田市内300人
  • 成田空港700人
  • 浦安市内150人

【主な活動内容】会場周辺駅や主要駅、空港等での交通、観光案内

【応募資格】
2002年(平成14年)4月1日以前に生まれた方、日本国籍を有する方又は日本に居住する資格を有する方、日本語による簡単な会話(意思疎通)ができる方

【申込方法】サイトで申込または応募用紙を郵送
※応募用紙は以下の特設サイトからダウンロードできます。
※応募用紙の郵送をご希望の方は、「〒260-8667県県民生活・文化課行(都市ボランティア応募用紙郵送希望)」と記載した封筒の中に、返信先を記入し、120円切手を貼り付けた角2封筒を入れて以下までお送りください。

【詳細はこちら】
都市ボランティア募集特設サイトをご確認ください。
https://wwwp.pref.chiba.lg.jp/volunteer2020/

【問い合わせ先】
都市ボランティア応募事務局(千葉県環境生活部県民生活・文化課)
電話:043-223-4164※受付時間9時~17時(平日)

 【4】参加者募集!オール千葉おもてなしシンポジウム~スポーツイベントでのおもてなしのカタチ~(県観光企画課)

元オリンピック日本代表、オグシオの名で活躍が有名となった小椋久美子さんや各分野の専門家を迎えて、2020年、千葉を訪れる多くのお客様を最高のおもてなしでお迎えするためのアイデアなど、皆さんと一緒に考えます。

【日時】
平成30年11月25日(日曜日)13時~16時

【会場】
茂原市民会館(茂原市茂原101番地)

【入場料等】無料(500名、申込順)

【ゲスト】
小椋久美子さん(北京五輪バドミントン日本代表)
坪井保菜美さん(北京五輪新体操日本代表)他

【申込み】
メールもしくは郵送にて事務局まで
1.氏名・フリガナ、2.電話番号、3.郵便番号・住所を送信
(複数希望時は全員の氏名・フリガナも記載)を送信
※応募は直前まで受け付けています。

【詳細はこちら】
千葉県観光企画課ホームページ
https://www.pref.chiba.lg.jp/kankou/press/2018/all-chiba-omotenashi-symposium.html

【問い合わせ・申込先】
オール千葉おもてなしシンポジウム運営事務局
電話:03-6909-3477
メール:all-chiba-omotenashi@ufg.co.jp

 【5】民間団体等からの助成情報(新着情報)

  • 高木仁三郎市民科学基金(認定NPO法人高木仁三郎市民科学基金)
  • 「未来につなぐふるさと基金」2019年度協働団体募集(公益財団法人パブリックリソース財団)
  • 平成31年度「ちば県民保健予防基金」助成(公益財団法人ちば県民保健予防財団

【詳細はこちら】
民間団体からの助成情報

=================================
「ちばNPO・ボランティア情報マガジン」バックナンバーのページ
=================================

編集・発行
千葉県環境生活部県民生活・文化課
〒260-8667千葉市中央区市場町1-1

TEL

043-223-4147・4133(県民活動推進班)
043-223-4137・4166(NPO法人班)
043-223-2408(文化企画班)
043-223-2406(文化振興班)
043-223-2288・2330・2291(子ども・若者育成支援室)

FAX
043-221-5858

配信停止・変更
お問い合わせ・ご意見はこちら
npo-vo@mz.pref.chiba.lg.jp

【『ちばNPO・ボランティア情報マガジン』は、転載、複写、大歓迎です】

===================================

お問い合わせ

所属課室:環境生活部県民生活・文化課県民活動推進班

電話番号:043-223-4147

ファックス番号:043-221-5858

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?