サービス停止情報

現在情報はありません。

ここから本文です。

更新日:平成28(2016)年9月30日

ちばNPO・ボランティア活動ニュースレター(162号)

誰もがあたりまえのように県民活動に参加し、
地域のみんなで創る支え合いと活力のある千葉県を目指して
ちばNPO・ボランティア活動ニュースレターバックナンバー

 特集印旛地域及び長生地域において、協働に関する研修会を開催しました!

県では、「協働のために様々な主体が集う場が各地域に生まれ、定着すること」を目標として、県内の様々な地域において、協働の概念・手法を学ぶための研修会や交流会などを開催する「協働によるコミュニティづくりの普及・促進事業」を実施しています。

今回のニュースレターでは、今年の8月に印旛地域と長生地域において開催した2つの研修会について御紹介します。

8月7日開催『助成金活用セミナー~「事業」の完成・「活動」の波及を助けるための思考とは!?~』

8月7日に富里中央公民館を会場として、『助成金活用セミナー~「事業」の完成・「活動」の波及を助けるための思考とは!?~』と題したセミナーを開催しました。

講師には特定非営利活動法人CANPANセンター代表理事の山田泰久氏をお迎えし、助成金活用をテーマに、助成される側・する側のそれぞれの視点からお話を頂きました。

講義の中では、助成金に関する情報の得方や、自分達の活動にあった適切な金額規模の選択など助成金の獲得にあたって役立つ知識だけでなく、「助成金を消費するだけでなく、本来の目的である課題解決に向け、受益者への継続的な支援を行える仕組みを目指す必要がある」といったことや、「適切な評価のもとで事業の成果を波及させ、効果を高めていく」といったことなど、地域活動を継続させるうえで重要な考え方について講義して頂きました。

印旛地域での研修会の様子1

講師の山田氏

印旛地域での研修会の様子2

印旛地域での研修会の様子

8月17日開催「住民と行政の協働によるまちづくり研修会~自治会を軸にした協働事例とそのポイント~」

8月17日には、茂原市役所市民室を会場として、『住民と行政の協働によるまちづくり研修会~自治会を軸にした協働事例とそのポイント~』と題した研修会を開催しました。

講師に、地域コンサルタントと地方公務員としての活動に加え、町会などの地域活動の現場でも活躍する、庄嶋孝広氏(市民社会パートナーズ表)をお迎えし、地域を支えるコミュニティづくりをテーマに講演を行って頂いたほか、長生地域で行われている地域活動の発表や、グループワークを実施しました。

講演では、自助・共助・公助の概念や、自治会が地域をつなぐことの大切さ、また自治会以外のコミュニティとの連携の重要性等について、自身の経験に基づきお話を頂き、次に行われた活動発表では、茂原市・長生村の行政職員の方から、茂原市については「市と自治会長連合会との協働」の取組について、長生村については「介護予防事業」の取組について発表いただきました。

また、その後に行われたグループワークでは、参加者がそれぞれグループに分かれ、グループの中で、自分の地域で行われている自治会の活動について紹介しあったり、自治会を軸にしたまちづくりについて意見交換を行いました。

長生地域の研修会の様子1

長生地域での研修会の様子

長生地域の研修会の様子2

講師の庄嶋氏

行政だけでなく、NPOや自治会の代表、一般県民等からも多くの方に参加いただき、住民と行政がともにまちづくりについて学び、考える機会となりました。

今後も県では、地域活動を学ぶ機会や交流の場づくりなど、様々な形で連携・協働を促進していきたいと思っております。

御自身の活動に新しい視点をもたらす気づきを得たい方、まちづくりや他の方の活動に関心のある方、なにか活動を始めてみたいという方などは、次の機会に是非御参加ください。

(参考)協働によるコミュニティづくりの普及・促進

この記事に関するお問い合わせ

千葉県環境生活部県民生活・文化課県民活動推進班
TEL:043-223-4147
FAX:043-221-5858

 

よくある質問

お問い合わせ

所属課室:環境生活部県民生活・文化課県民活動推進班

電話番号:043-223-4147

ファックス番号:043-221-5858

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?