サービス停止情報

現在情報はありません。

ここから本文です。

更新日:平成28(2016)年1月26日

ちばNPO・ボランティア活動ニュースレター(154号)

誰もがあたりまえのように県民活動に参加し、
地域のみんなで創る支え合いと活力のある千葉県を目指して
ちばNPO・ボランティア活動ニュースレターバックナンバー

 特集1「ちばコラボ大賞表彰式」を開催しました。

県では、市民活動団体が地縁団体や学校、企業、行政機関等と連携して地域の課題解決に取り組む事例の中から、他の模範となるような事例を「ちばコラボ大賞」として表彰しています。

5回目となる今年度は、

  1. 『生命(いのち)と育ちの森プロジェクト【浦安絆の森整備事業】』
  2. 『チームよつてら~学びでつながる寺子屋コミュニティ~』
  3. 『きさらづ・ブルーベリー・ツーリズム―環境に配慮したブルーベリー栽培による地域活性化―』の3事例を表彰しました。

表彰式の様子

12月16日に開催された表彰式では、鎌田元弘審査委員長(千葉工業大学副学長)から講評をいただいた後、遠山環境生活部長から各受賞団体の代表者に賞状が贈られました。

また、表彰式の後には、コーディネーターに特定非営利活動法人コミュニティビジネスサポートセンター代表理事の永沢映氏をお招きし、受賞団体による事例発表やコーディネーターとのトークセッションを実施しました。

トークセッションでは、それぞれの受賞団体の代表者が登壇し、活動に対する思いや、今後の展望等について意見交換を行いました。

集合記念写真

記念撮影

事例発表会

意見交換の様子

「活動を行ううえで苦労した点はありますか?」というコーディネーターからの質問に対して、どの団体も「苦労よりもやりがいの方が大きいです。」というように答えていたのがとても印象的でした。

なお、今年度受賞した取組については今後リーフレットなどを作成し、広く県民の方々に周知していく予定です。

ちばコラボ大賞についての最新情報は随時ちばコラボ大賞(千葉県知事賞)のページに掲載していくこととしておりますので、ぜひご確認ください。

この記事に関するお問い合わせ

千葉県環境生活部県民生活・文化課県民活動推進班
TEL:043-223-4133
FAX:043-221-5858

 特集2「ちば県民活動フェスティバル2015」を開催しました。

平成27年12月5日(土曜)、県内のボランティアや市民活動団体が地域をより豊かにするために取り組んでいる活動について広く知っていただくために、ららぽーとTOKYO-BAY北館1階中央広場において、「笑顔がステキ~“好き”からはじめるボランティア」をテーマに、「ちば県民活動フェスティバル2015」を開催しました。

会場の様子

来場者でいっぱいの会場の様子

ちびっこからシニアまで楽しめるステージ発表

クリスターズによるクリスマスの雰囲気漂うコンサートではじまったステージ発表では、子どもからお年寄りまで幅広い年代の来場者の方が参加しながら楽しめる内容で、中でも最後の発表となった柏おやじダンサーズのパフォーマンスでは、多くの方々がステージに上がって一緒にダンスをするなど大いに盛り上がった中での閉会となりました。

オープニングコンサートの様子

クリスターズによるオープニングコンサート

沖縄エイサー千花夏風によるステージ発表の様子

沖縄エイサー千花夏風(せんかなつかじ)

 

柏おやじダンサーズによるステージ発表の様子

柏おやじダンサーズによるパフォーマンス

県民活動紹介コーナー

県民活動紹介コーナーでは「まずは体験してみよう!」ということで、はた織りの一つである「さをり織り」、工作、鳥のデコイの色ぬり、折り紙&手作り布絵本などの展示ブースを設置し、多くの来場者の方々に実際に体験して楽しんでいただきました。また、ボランティアに興味がある人や参加してみたいという方のための相談コーナーのほか、「ちばコラボ大賞」「船橋市夏のボランティア活動報告」の展示も行いました。

鳥のデコイの色ぬり

鳥のデコイの色ぬり

折り紙、手作り布絵本体験

折り紙&手作り布絵本体験

当日はたくさんの方に御来場いただき、誠にありがとうございました。

この記事に関するお問い合わせ

千葉県環境生活部県民生活・文化課県民活動推進班
TEL:043-223-4147
FAX:043-221-5858

 特集3「法人運営ワンポイントアドバイス!」

「解散手続について」

最近、解散に関するお問い合わせが多くなっています。

実際、ここ数年解散するNPO法人が増えていますし、活動が停滞し休眠状態となった法人が、役員や会員が減少することで、解散の手続もままならず3年以上事業報告書等未提出で、認証を取り消されるケースも急増しています。

認証を取り消された場合、その法人の役員は取消後2年間、他のNPO法人の役員になることができません。その時点で他法人の役員になっている場合は、解任若しくは辞任が余儀なくされます。

認証取消は、行政処分に当たります。せっかく公益的な活動を目的として自らが立ち上げた法人ですから、責任をもって解散し、清算結了までしっかり手続していただきたいと思います。

そこで、今回は、総会決議による一般的な解散手続について説明いたします。(法人における特殊事情等に係る対応や疑問点については、県民生活・文化課NPO法人班:043-223-4137までお問い合わせください。)

解散総会を開催

1.解散準備

(1)社員(正会員等表決権を持つ者)の総数・総会の定足数・解散に必要な賛成数を定款等で確認
※社員は原則10名以上いなければならない

(2)代表者は社員に開催を通知

【通知の記載事項】

ア.日時イ.場所ウ.目的エ.審議事項(解散について)
オ.書面表決・電磁的方法による表決・表決委任が可能な定めがある場合はその旨

NPO法で総会日の5日より前に通知しなければならないとされている
※代表(理事長・代表理事等)が招集できない場合は、定款により代理権をもつ者が招集(招集権限を持たない者が招集した総会は無効)

2.総会における審議・議決
賛助会員等は出席者に含まないので注意

【審議・議決事項】

ア.法人を解散することイ.残余財産の帰属先(譲渡する相手)ウ.清算人の選任

※イとウについては定款で定められている場合もあるので要確認

3.議事録作成

定款に基づき議長及び議事録署名人の署名(記名)・押印が必要

法務局で解散登記を行う。

解散・清算人を登記
登記事項証明書を取得
※詳しくは千葉地方法務局(043-302-1315)へ

所轄庁に「解散届出書」を提出

【提出書類】

ア.解散届出書イ.登記事項証明書

官報に解散の広告を掲載

期間:2か月以上
費用:約3万円
※詳しくは官報販売所(043-222-7635)へ

公告期間終了後、法務局で清算結了登記を行う

※公告期間中に清算が済んでいない場合は清算後に登記

所轄庁へ「清算結了届出書」を提出して手続終了

【提出書類】
ア.清算結了届出書.登記事項証明書

≪参考≫

解散手続フロー

県への提出書類の様式等

この記事に関するお問い合わせ

千葉県環境生活部県民生活・文化課NPO法人班
TEL:043-223-4137
FAX:043-221-5858

よくある質問

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

所属課室:環境生活部県民生活・文化課県民活動推進班

電話番号:043-223-4147

ファックス番号:043-221-5858

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?