ここから本文です。

ホーム > くらし・福祉・健康 > くらし > NPO・ボランティア > (3)市民活動団体等の基盤強化等の支援|県民活動推進施策の3つの柱 > 特定非営利活動促進法に基づく各種提出書類の署名・押印について

更新日:平成27(2015)年1月13日

特定非営利活動促進法に基づく各種提出書類の署名・押印について

特定非営利活動法人が作成する以下の書類の氏名、押印については、法人運営の適正化、透明化を図るため、本人が自署し、自ら押印することが適当と認められます。

ついては、原則として下記のとおり取り扱うこととしますので、御理解、御協力くださるようお願いします。

なお、本取り扱いは、従前の取り扱いを変更するものではありませんが、過去に遡って書類の修正を求めるものではありません。

(1)役員の変更等の届出に添付する就任承諾書について

新任の役員がいるときの役員の変更等の届出に添付する役員就任承諾及び宣誓書の写しは、原則として新任の役員が住所、氏名を自署し、自ら押印したものの写し(原本は法人で保管してください)を御提出ください。

記名(※注1)、押印した役員就任承諾及び宣誓書の写しを提出するときは、当該役員の住民票(コピー不可)を添付してくださるようお願いします。

(2)定款変更の届出及び定款変更認証申請に添付する総会議事録について

定款変更の届出又は認証申請に添付する総会議事録の写しは、法人の定款で議長及び議事録署名人が署名(※注2)押印する旨を記載しているときは、当該者が署名し、自ら押印したものの写し(原本は法人で保管してください)を御提出ください。

注1: 記名:パソコンで入力したものやゴム印で押されたもの等、署名ではないもの

注2: 署名:本人により自署されたもの

よくある質問

お問い合わせ

所属課室:環境生活部県民生活・文化課NPO法人班

電話番号:043-223-4137

ファックス番号:043-221-5858

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?