ここから本文です。

更新日:平成27(2015)年6月5日

ボランティアコーディネーター育成事業

※本事業は、平成24年度で終了しました。

県民の自己実現や生きがいづくりの場として、ボランティア活動や社会貢献活動に参加したいという要望が高まっています。

また、活動団体が継続して事業を実施するためには、多くのボランティアの参加が重要ですが、ボランティアが力を発揮するためには、ボランティアをしたいと考える個人とボランティアを受け入れる団体や施設等とをつなぐ役割や、地域活動とボランティア団体等とをつなぐコーディネーターの役割を担う人材が必要です。

そこで、平常時においてボランティアとその活動の場との調整ができるとともに、災害時においてもボランティアの力を最大限発揮させるために被災地とボランティアとをつなぐことができる、専門のスキルを持つコーディネーターを育成する事業を実施しました。

 

本事業の成果物平成24年度の事業概要受講者講座の内容等23年度の事業概要受講者講座の内容等

 本事業の成果物

「ボランティアコーディネーター育成事業」の成果物として、事業全体の流れ、講座修了者や講座スタッフによる座談会の様子を掲載した事業案内と各講座の詳細な内容や参加者の声等を報告書を作成しました。

復興につなげるプランニング

座談会講座生による座談会
スタッフが振り返る育成講座
3.11以降のコミュニティ再生

復興につなげるプランニング(PDF:3,981KB)
ファイルサイズが大きいので、デスクトップなどに保存してから開いてください。

コミュニティプランニングコーディネーター育成講座報告書(平成25年2月)

第1章事業概要
第2章座学研修内容及び成果
第3章実地研修内容及び成果
第4章講座終了後の継続性・発展性を図るための取組

コミュニティプランニングコーディネーター育成講座(PDF:2,393KB)
ファイルサイズが大きいので、デスクトップなどに保存してから開いてください。

コミュニティプランニングコーディネーター養成講座報告書(平成24年3月)

第1章事業概要
第2章座学研修内容及び成果
第3章実地研修内容及び成果
第4章講座終了後の継続性・発展性を図るための取組
第5章総合考察および提言
参考資料

※報告書をご覧になりたい方は、下記のお問い合わせ先までご連絡ください。

 平成24年度の事業概要

24年度は、企画提案により選考された特定非営利活動法人コミュニティ・コーディネーターズ・タンク外部サイトへのリンクに企画・運営を委託して実施しました。

講座名称は「コミュニティプランニングコーディネーター育成講座」とし、平常時と災害時のいずれにおいても、高いコーディネーション機能を発揮する専門性とスキルを身に付けたコーディネーターの育成を目指し、全10回の講座を開催しました。

 受講者

  • 千葉県内の市民活動支援センター・ボランティアセンター等の職員、スタッフ
  • 自治会などの地域活動を行う団体等に属する方
  • ボランティアを受け入れている団体、施設等の職員、スタッフ
  • 民間の中間支援組織等の職員、スタッフ及び就職を希望する方
  • 企業や福祉・医療関係施設、教育機関等においてボランティアコーディネーターの役割を担う方又は今後担う予定のある方

計27名の参加申し込みがあり、全10回中7回以上の参加者は15名でした。

支援を受ける団体一覧

 講座の内容等

オープニング公開講座

哲学者の内山節氏をお招きして、基調講演、事例発表、パネルディスカッションを内容とする公開講座を開催しました。

日程 平成24年7月6日(金曜日)
13時40分~16時30分(受付13時20分)
会場

千葉県文化会館第1・2会議室

(千葉市中央区市場町11-2)

定員

99名

参加費 無料
内容

『復興のグランドデザインを描く』

基調講演

「3.11以降のコミュニティ再生」

講師:内山節氏(哲学者・立教大学大学院21世紀社会デザイン研究科教授)

 

事例発表

事例1「液状化と8900人のボランティアコーディネーション」

浦安市社会福祉協議会浦安市災害ボランティアセンター

事例2「震災時の支援活動(旭市の津波被害)」

NPO法人千葉レスキューサポートバイク

事例3「福島県からの避難者受け入れ支援と継続する課題」

東日本大震災被災者支援ネットワーク松戸

事例4「帰宅困難者受け入れのための施設開放とボランティアコーディネーション」

流山市民活動推進センター

参加対象者

県内のNPO等(法人格の有無は問いません)

社会福祉協議会・市民活動支援センターの職員

ボランティア活動参加者

被災地復興支援活動に関心のある方

企業や福祉・医療関係施設、教育機関等でボランティアコーディネーターを担う方または担う予定のある方

オープニング公開講座チラシ(PDF:502KB)

本講座

コミュニティプランニングコーディネーターとして必要とされるスキルを習得するための講座を、基礎領域および専門領域に分けて開催しました。

日程 平成24年7月~11月
会場

千葉市民会館、千葉市ビジネスセンター等

※県内での実地研修、福島県いわき市での実践研修あり(選択制)

定員

25名

参加費

無料

※福島県いわき市での実践研修に参加する方は、宿泊費・交通費等実費(30,000円程度)がかかります。

内容

基礎領域

第1回:コミュニティ再生のためのコーディネーターの役割(7月25日)

講師安藤雄太氏

第2回:相談技術をスキルアップする基本編(7月25日)

講師小山淳子氏

第3回:相談技術をスキルアップする応用編(8月7日)

講師小山淳子氏

第4回:ファシリテーションスキルを磨く(8月7日)

講師庄嶋孝広氏

第5回:ワークショップによる実現可能な企画立案の基本を学ぶ(9月5日)

講師山崎富一氏

専門領域

第6回:情報収集・ネットワーキング(10月19日)

講師小山淳子氏

第7回:論理的思考による事業成果を引き出すためのプログラミング(10月19日)

講師矢代隆嗣氏

第8回:千葉県内での研修1日(選択制)(9-11月)

第9回:福島県いわき市での研修(選択制)(9-10月)

第10回:課題解決のためのコーディネートプラン(11月8日)

プロモーションができるコミュニティコーディネーターを目指す

講師森良氏

参加対象者

県内のNPO等(法人格の有無は問いません)

社会福祉協議会・市民活動支援センターの職員

ボランティア活動参加者

被災地復興支援活動に関心のある方

企業や福祉・医療関係施設、教育機関等でボランティアコーディネーターを担う方または担う予定のある方

※基礎領域または専門領域のいずれかの参加も可能です。

基礎領域は、各回単独の受講も可能です。

コミュニティプランニングコーディネーター育成講座チラシ(PDF:1,046KB)

 平成23年度の事業概要

23年度は、企画提案により選考された「特定非営利活動法人コミュニティ・コーディネーターズ・タンク」に企画・運営を委託しました。

今回のこの講座は、名称を「コミュニティプランニングコーディネーター養成講座」とし、「つなぐ」役割を果たすだけでなく、自ら地域の課題を発見し、解決への方向性を探ることもできるようなボランティアコーディネーターの育成を目指し、9月~12月に全7回、計8日の講習会を実施しました。

専門職としてのコーディネーターの育成を目指し、NPO支援とコーディネーター育成のトップクラス講師陣を迎えて研修プログラムを構成しています。

また、コミュニティ再生とNPO支援に関わるしごとの概要を明らかにし、そのステップづくりと非常時に機能するネットワークづくりも目指しました。

「ボランティアコーディネーター育成講座」の開催概要(事業受託者:特定非営利活動法人コミュニティ・コーディネーターズ・タンクのホームページ)外部サイトへのリンク
(小名浜での研修の詳細なレポートも掲載されています。ぜひ、ご覧ください。)

 受講者

  • 千葉県内の市民活動支援センター・ボランティアセンター等の職員、スタッフ
  • 自治会などの地域活動を行う団体等に属する方
  • ボランティアを受け入れている団体、施設等の職員、スタッフ
  • 民間の中間支援組織等の職員、スタッフ及び就職を希望する方

計28名の参加申し込みがあり、5回以上の参加者は19名でした。

 講座の内容等

第1回:9月26日開催(千葉市民会館会議室)

「市民社会形成のためのビジョンをもつ」

講師:安藤雄太氏(東京ボランティア・市民活動センターアドバイザー)

ボランティアコーディネーターについての基礎的な知識として、以下の内容について学びました。

  • コーディネーターの必要性と役割、機能・資質
  • NPOの基礎知識、NPOの歴史的背景と市民社会で果たす役割
  • ボランティアの意義と活動の課題
「課題解決のためのコーディネート事例」

東日本大震災の千葉県内での被災事例を、実際に体験された方々に発表していただきました。
このような事例を基に、ボランティアコーディネーターのあり方や、平常時と震災発生時におけるボランティアコーディネーションの特徴、違いなどについて学びました。

  • 事例1:「液状化と8900人のボランティアコーディネーション」浦安市社会福祉協議会浦安市災害ボランティアセンター
    震災後の液状化の進行への対応と、8900人ものボランティアを捌いた体験を発表されました。
  • 事例2:「震災時の支援活動(旭市の津波被害)」NPO法人千葉レスキューサポートバイク
    震災直後に、旭市に入り、支援活動を行った災害支援ボランティアの団体です。
    初動期の活動を立ち上げるために必要なエネルギーと、回していく時点で必要な要素、災害支援コーディネートの特殊性について発表されました。
  • 事例3:「福島県からの避難者受け入れ支援と継続する課題」東日本大震災被災者支援ネットワーク松戸
    被災者が松戸に住むにあたって持ち上がる課題と自治組織を作る支援について発表されました。
  • 事例4:「帰宅困難者受け入れのための施設開放とボランティアコーディネーション」流山市民活動推進センター
    指定管理者としての判断で、公共施設である流山生涯学習センターを帰宅困難者に開放した事例について発表されました。
    生涯学習センターに併設している市民活動センターは、ボランティアを投入して支援しました。

第2回:10月11日開催(千葉県自治会館)

「相談技術をスキルアップする」

講師:小山淳子氏(NPO法人コミュニティ・コーディネーターズ・タンク副代表理事)

コーディネーターの業務の主なものとして、「相談業務」があります。
相談を受けるときの基本的姿勢や、傾聴のスキルなどについて、具体的な事例を交えて学びました。
また、相談者からニーズを引き出す技術としての傾聴力をグループワークとロールプレイで学びました。

「ファシリステーションスキルをみがく」

講師:庄嶋孝広氏(市民社会パートナーズ代表)

コーディネーターは、ファシリテーションのスキルが求められる場面も少なくありません。
会合や講座などを進めていく基本技術を身に着けるため、ワークショップのミニプログラムを組み立てて、参加シミュレーションを体験型で学びました。

第3回:10月19日開催(千葉市民会館会議室)

「ワークショップによる実現可能な企画立案の基本を学ぶ」

講師:山崎富一氏(NPO法人笑顔せたがや事務局長)

課題の抽出→共有→解決への提案までのプロセスを経て、収支予算書や資金計画につながる具体的な企画案を作成しました。
グループに分かれて企画案をまとめ、個性あふれる様々な企画案が発表されました。

第4回:10月27日(千葉市民会館会議室)

「情報収集・ネットワーキング」

講師:小山淳子氏(NPO法人コミュニティ・コーディネーターズ・タンク副代表理事)

共感者・支援者を得て、企画を実現していくためのプロセスづくりと必要な情報収集の方法について学びました。
学んだことをもとに、各自の企画をブラッシュアップしていきました。

「論理的思考による事業成果を引き出すためのプログラミング」

講師:矢代隆嗣氏(株式会社アリエールマネジメントソリューションズ代表)

ワークシートを使って、原因と課題と成果の整合性がとれる事業計画書を作成しました。
グループに分かれ、各自が企画している事業が、課題解決につながっているかどうかを互いに検証し、さらに磨きをかけていきます。

第5回:10月下旬~11月下旬

実地研修

以下の市民活動支援センター、ボランティアセンター等において、実地研修を実施しました。

  • 千葉市民活動センター(市民活動フェア、地域デビュー講座のファシリテーター等)
  • 市川市ボランティア・NPO活動センター(災害ボランティアセンター立上訓練等)
  • 松戸市社会福祉協議会(日常コーディネート業務等)
  • まつど市民活動サポートセンター(車座DeBanda!、日常コーディネート業務等)
  • 柏市民活動センター(市民団体フリーマーケット準備等)
  • 流山市民活動推進センター(流山市民まつり準備等)
  • 我孫子市社会福祉協議会(日常コーディネート業務等)
  • 浦安市社会福祉協議会(災害ボランティアコーディネート、フィールドワーク等)

第6回:11月15日、16日

被災地での実地研修

東日本大震災で大きな被害のあった、福島県小名浜地区において実地研修を実施しました。
小名浜地区復興支援ボランティアセンターを運営している「特定非営利活動法人ザ・ピープル」にご協力いただき、日常的な活動と、震災時の取組み、現在の復興支援への取組みについて、現場の視察等を交えて、教えていただきました。

第7回:12月7日(千葉市民会館会議室)

「課題解決のためのコーディネートプラン」

講師:森良氏(NPO法人エコ・コミュニケーションセンター代表)

講座生の住む地域の特性を押さえ、地域課題に対して周辺の注意を喚起し、それへの取り組みの共感者や支援者の層を増やしていくことのできるコーディネーションプランを作成しました。
第4回までに作成したプランを土台に、実地研修で学んだことなども活かして、プランを再構築しました。
講座の中盤で、各自のプランを紙に書き、「3秒」で発表するという課題がありましたが、受講生の方全員が、自らの課題を、短い時間で明確に発表することができました。
最後に、今回の講座で学んだこと、活かしたいこと、今後の活動などについて、語り合いました。

よくある質問

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

所属課室:環境生活部県民生活・文化課県民活動推進班

電話番号:043-223-4147

ファックス番号:043-221-5858

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?