ここから本文です。

更新日:令和元(2019)年9月3日

民話駅伝inちば-平成19年度みんなでつくるちば文化事業

県内12か所、北部・中部・南部の3つのエリアに分かれて、「地域の民話を語る会」を開催しました。

それぞれの地域の語り部が、「語り」「紙芝居」「人形劇」などで、地域の民話の魅力を届けました。

目次

北部

  1. 野田市 野田市の民話を語る会
  2. 船橋市 むかしむかし船橋に・・・
  3. 柏市 地域民話の語りと伝統芸能の集い
  4. 流山市 ながれやまの民話を楽しむ会

中部

  1. 佐倉市 さくらっ古が語ります
  2. 四街道市 四街道の民話を語る会
  3. 千葉市 千葉の民話を語る会
  4. 八千代市 やちよの巻

南部

  1. 市原市 市原の民話を語る会
  2. 大多喜町 夷隅むかしむかし
  3. 君津市 上総の民話を楽しもう
  4. 館山市 海辺の語り部

 北部

 野田市 野田市の民話を語る会

平成19年10月21日(日曜日)14時00分~16時00分 野田市立興風図書館
主催:おはなしパレット

[語られたお話]

  • とげぬき地蔵・団子むこ・むじなの話・サルあがる・さるかに・蛙ぼたもち
  • 流れてきた山(流山のリレー選手による)・初午・船橋随庵の話・将門伝説・ぶっつあんべい
  • 金乗院の仁王門・河童池の主・目洗い池・おおはらくちの由来

語り

2部構成で実施し、第1部では、子どもにもわかりやすい話を紹介、最後にリレー選手の流山の語り部が地名の由来に関する話を紹介しました。

民話マップ

第2部では、野田市の各地に伝わる伝説や行事などを含め、各地の建物や池などの写真を用いて北から順に地域ごとの話が紹介されました。

立ち見も含め、約90名が来場しました。

 船橋市 むかしむかし船橋に・・・

平成19年11月11日(日曜日)13時30分~15時30分 船橋市宮本公民館
主催:船橋の民話をきく会

[語られたお話]

  • じゅえむ話(だんだん語り)・木下街道のキツネ・タニシを食べないわけ・大きな男が入ってきた
  • ささ姫の恋(紙芝居)・お月さんもいろいろ・ぶっつあんべい(野田のリレー選手による)・タカ番・たくわん(人形劇)

紙芝居「じゅえむ話」

会場は、正面に語りの舞台、右側に人形劇の舞台と紙芝居の舞台がセットされました。上演前に、船橋界隈の民話事情についての解説がありました。

語り部による語り・紙芝居、野田のリレー選手の語り、人形劇と趣向を凝らして進められ、乳幼児を含む100名ほどの来場者から笑いの絶えない楽しい会になりました。

会報

会場には、会が歩いて採集した地域の民話がたくさん収められている会報が並べられていました。

 柏市 地域民話の語りと伝統芸能の集い

平成19年11月25日(日曜日)13時00分~15時00分 柏市内 観音寺
主催:十色咲かそう会

[語られたお話]

  • 力石(大型紙芝居)・塩どっけ・じゅえむ話(船橋のリレー選手による)・きつねいっぴょ
  • ごろが池の弁天様・とったり庄兵衛(大型紙芝居)・でぃだらぼっち・丑の刻まいり・鷲山のむじな・<逆井囃子>

会場

大型紙芝居「力石」

開演前から観音寺にはたくさんの人が集まり、200名以上の方が参加しました。開会の挨拶後、船橋の語り部からタスキが受け渡されました。

逆井囃子

「力石」と「とったり庄兵衛」は大型紙芝居を使い、観客は絵を見ながら語りを聴きました。

最後に逆井中学校の生徒による逆井囃子が披露され、面をかぶって舞う姿に拍手、面を取り、中学生だとわかると、さらに大きな拍手がわき起こりました。

 流山市 ながれやまの民話を楽しむ会

平成20年1月27日(日曜日)13時30分~15時30分 流山市南流山福祉会館
主催:NPOながれやま栞

[語られたお話]

  • 塩どっけ(柏のリレー選手による)・朝ねぼうの観音様・ビン小僧の金市・きつねの雨降り
  • ばちあたりの仙蔵・流山民話のおもしろさ(小野つよしさんによるお話)・殿さまを助けた犬
  • 大龍王とお坊様(絵巻物)・目つぶしの鴨・流れてきた山

語り「流れてきた山」

民話劇「朝ねぼうの観音様」

駅伝リレーの柏からの語り部が柏の民話を語った後、地元流山市立東小学校4年生による民話劇とペープサートが演じられました。

紙芝居「目つぶしの鴨」

紙芝居「目つぶしの鴨」

後半は、小野つよしさんが「流山には、たくさんの素敵な民話がある。民話に限らず自分の村をもっともっと皆さんに知ってほしい」と流山の魅力について語りました。

 

ページの先頭へ戻る

 中部

 佐倉市 さくらっ古が語ります

平成19年11月13日(火曜日)14時00分~16時00分 佐倉市中央公民館
主催:市民カレッジ語りべの会「さくらっ古」

[語られたお話]

  • 三つざきにされた竜神さま(IT紙芝居)・印旛の鬼童丸・たんたん山・はっちむぎつね
  • 鳥見塚・すわり地蔵(八千代のリレー選手による)・高津姫物語(八千代のリレー選手による)
  • 笠森寺のおこり・親はうま酒子は清水・あざみごんげん・姥が池物語・松虫姫・手繰川のキツネ・惣五郎

語り「鳥見塚」

会場

語り「笠森寺のおこり」

当日は、市民カレッジの文化祭が併催されていたため、多くの市民の方が参加していました。

リレー選手やゲストを含め、14名の語り部が佐倉周辺のお話をたっぷり聞かせてくれました。

 四街道市 四街道の民話を語る会

平成19年11月25日(日曜日)12時30分~15時00分 四街道市旭公民館
主催:語りの会四街道

[語られたお話]

  • 花輪寺・千把ヶ池・はやわざむこどん・つるの恩返し・サンタクロースっているんでしょうか?・バビブベボ化け
  • 重荷を分ける(小学生の語り)・三つざきにされた竜神さま(佐倉のリレー選手によるIT紙芝居)・松虫姫(佐倉のリレー選手による)
  • 金の鳥・子ハ清水・あんじゅとずしおう・よみがえったすいせん・狐のつくった畑・消えた茶壷

語り

ゲストを除きすべての女性の語り部が女性ならではの語りを披露してくれました。また、大人に混じって、会のメンバーから指導を受けた小学生が「重荷を分ける」などの楽しいお話を語りました。

 千葉市 千葉の民話を語る会

平成19年12月8日(土曜日)13時00分~15時30分 千葉市内 千葉寺観音堂
主催:民話の集い

[語られたお話]

  • もどり鐘・狐の恩返し・ごちそうをくさらせてしまった奉公人・萱山の盗人・竜沢のまり藻・よみがえったすいせん
  • かっぱのくれたつぼ・こはだの話・力持ち平右衛門・狐のつくった畑(四街道のリレー選手による)・花輪寺(四街道のリレー選手による)
  • しょじょじのたぬきばやし・君待橋・七天王塚のはなし・羽衣・機関庫あとのゆうれい・ジャンボ川・千葉笑い

観音堂

千葉寺に伝わる「もどり鐘」から語りがはじまり、四街道からのリレー選手2名を含む18名が語りや紙芝居を披露。

尺八を吹きながら語る「しょじょじのたぬきばやし」や戦争民話の「機関庫あとのゆうれい」など、他の会場にはない変り種もあり、最後は千葉弁で語られた「千葉笑い」で盛り上がりました。

尺八演奏

紙芝居「よみがえったすいせん」

 八千代市 やちよの巻

平成20年1月13日(日曜日)13時30分~15時30分 八千代市緑が丘プラザ
主催:語りの会やちよ

[語られたお話]

  • ずるころぴょん(IT紙芝居)・乳清水(ちっこしみず)・すわり地蔵・ムリドンの話(紙芝居)・きつねに化かされた小話(紙芝居)
  • チロリン橋・雨を降らせた竜・羽衣(千葉のリレー選手による)・もどり鐘(千葉のリレー選手による)・千葉笑い
  • 長者のやくそく・くらげ骨なし・天の石笛・おしどりの悲しみ・高津姫物語・駒止め谷に沈んだ恋・十一面観音と白狐
  • 熱田が池・染谷源右衛門

IT紙芝居「ずるころぴょん」

定員100名のスペース前面に小さな舞台を設け、演目によっては中央のスクリーンにパワーポイントを使って、写真や紙芝居を投影しながら語りが繰り広げられました。

会員のほか、会員が日頃指導している文化伝承館の紙芝居講座の子どもたちも自作の紙芝居を演じました。

紙芝居「狐に化かされた小話」

語り「天の石笛」

ページの先頭へ戻る

 南部

 市原市 市原の民話を語る会

平成19年10月14日(日曜日)13時30分~15時30分 市原市市民会館
主催:市原の民話を語る「どんぐり座」

[語られたお話]

  • お船玉様(市原弁)・千種の浜の追いはぎと宗祇・布良星(房州弁・館山からのリレー選手による)
  • <市原弁クイズ>・島野のデェデェッポーの足跡・姉崎の義僕市兵衛・松が嫌いな明神様・かっぱのくれたつぼ

市原弁の「お船玉様」

民話駅伝のトップを切って、市原市で「地域の民話を語る会」が開催されました。

市原の地名の由来「櫟の原(いちいのはら)」の説明を行い、高らかに開会宣言!

市原弁の「お船玉様」から語りがはじまり、リレー選手である館山の語り部が房州弁で「布良星」を語りました。

市原弁クイズ

小休止では市原弁のクイズが実施され、会場が和みました。後半は、地元に伝わる話が続き、会場を訪れた観客はジッと耳を澄ませていました。

近隣の市民も多く来場し、約120名の参加がありました。

 大多喜町 夷隅むかしむかし

平成19年11月23日(祝金)10時00分~12時00分 大多喜町立老川小学校
主催:夷隅民話の会

[語られたお話]

  • かっぱのくれたつぼ(市原のリレー選手による)・浄宗寺呼び戻しの鐘・円照寺の白へび
  • ひひの田五郎・おせんころがし・おみねとかっぱ(老川小学校の児童による民話劇)

語り「円照寺の白へび」

民話劇「おみねとかっぱ」

「民話劇おみねとかっぱ」

地元の小学校を民話の語りにふさわしく飾りつけ、語りが行われました。

市原の「かっぱのくれたつぼ」、これに続いて夷隅民話の会の皆さんが地元の話を語りました。

老川小学校の3・4年生の有志9名による「おみねとかっぱ」の民話劇が演じられ、参加者は引き込まれていました。

 君津市 上総の民話を楽しもう

平成19年12月16日(日曜日)13時30分~15時30分 君津市地域情報センター
主催:南総昔ばなし大学語り研究会

[語られたお話]

  • 曼寿沙華寺(まんじゅしゃげでら)・<わらべうたであそぼ>・関の平内おろち退治・真勝寺山のこんこんさま
  • 証誠寺のたぬきばやし・つばめの恩返し・<ビデオ上映、解説・君津市六手に伝わる唐人凧のひみつ>
  • たこのうらみ・勘解由どんのねこ・長者のやくそく・久野原のきつね・千葉笑い・<わらべうたであそぼ>

切り絵

君津市立中央図書館に併設された会場で、周りを本に囲まれた環境の中で開催。会場内にも団体が関係し作成した民話本をはじめ、木更津図書館から借りた千葉県の民話本が多数展示されました。

わらべうた

また、客席後部の壁一面には、切り絵作家による原画も展示されました。

「民話は、先祖から現代に生きる私たちへのメッセージです。そして、語りは語り手と聞き手の両方で創り上げるもの」との代表挨拶に続き、大多喜のリレー選手の語りがはじまりました。

語り「久野原の「きつね」

地域の伝承者として地域史の研究をしている土橋氏、後継者問題に悩む唐人凧の小林氏などのゲストを迎えての会になりました。

わらべうた遊びでは、老若男女が手遊びを楽しみました。

後半は、「長者のやくそく」などの語りが披露されました。

 館山市 海辺の語り部

平成20年1月6日(日曜日)13時00分~15時00分 県立安房博物館
主催:語り部「さくら貝」

[語られたお話]

  • 民謡安房節(館山市立富崎小学校児童による)・長者のやくそく(君津のリレー選手による)・江見の怪魚(紙芝居)
  • 子の姫・木の根峠・たこのうらみ・勘解由どんの猫・大海女のはなし・ヒラメの見突き漁・瀬戸ぶんぶん
  • 伊予ヶ岳の天狗・おじいさんとたぬき・馬をかわいがった九兵衛さん・布良星

紙芝居「江見の怪魚」

大海女の話

地元館山市立富崎小学校児童18名が、日頃から練習している民謡の安房節を披露しました。

民宿オーナーの自作紙芝居や、大海女の話、ピアノ教室の仲間が作った紙芝居、家族3人で作り上げたパネルシアターなど、出演者も演目も変化に富み、とても楽しい会でした。

語り「布良星」

オカリナ演奏

名調子の房州弁の語り「布良星」に静まり返ったあと、親子のオカリナ演奏、来場者全員で「うみ」を合唱しました。

ちば民話フェスティバル

かっぱ

平成20年3月9日、各会場で語られたお話の中から、選りすぐりのお話を集めて、各地の語り部が、語り・大型紙芝居・民話劇などでその魅力を披露する、ちば民話フェスティバルを開催しました。

ちば民話フェスティバルの詳細ページへ

よくある質問

お問い合わせ

所属課室:環境生活部県民生活・文化課文化振興班

電話番号:043-223-2406

ファックス番号:043-221-5858

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?