ここから本文です。

ホーム > 教育・文化・スポーツ > 歴史・文化 > 文化振興事業 > 文化資源を活用した事業 > ちばの街道を歩こう〔多古街道を歩く〕

更新日:平成29(2017)年9月20日

ちばの街道を歩こう〔多古街道を歩く〕

多古街道とは、成田街道の酒々井~富里~三里塚~新東京国際空港~喜多~多古~栗源~佐原へと続く道を指します。

多古からは、西の佐倉、北に佐原、東に銚子、南に九十九里と、四方に道が伸びています。なかでも佐倉への道は参勤交代などに用いられた公用の道でした。佐原への道も、江戸へと多古米などの物資を送る道として整えられました。これら二つの道を総称し、「多古街道」と呼んでいました。

多古の町内には多古藩陣屋跡や、佐原には伊能忠敬の墓がある観福寺などがあります。

 

 コースの紹介

多古街道の地図

“ちばの街道を歩こう・多古街道を歩く”
平成18年11月12日(日曜日)
総勢約40名の方々とバスと徒歩で多古街道の魅力にふれてみました。

実際の日程

9時00分 JR成田駅Uシティホテル前集合
↓*バス移動
9時50分 多古町到着
↓*徒歩
妙光寺・多古藩陣屋跡・木内家住宅・八坂神社・親社大神
↓*徒歩
12時15分~13時00分 昼食・多古道の駅
13時00分~13時40分 バス移動
(佐原)観福寺(バス下車)
14時20分~14時30分 バス移動
14時40分~15時45分 伊能忠敬記念館・町並み見学
↓*バス移動
16時30分 JR成田駅解散
立ち寄った場所の一覧
立ち寄った場所 種類 位置 説明
妙印山妙光寺 社寺 多古町
多古
弘安年間(1278~1287)創建の日蓮宗の寺。祖師堂の日蓮像には、日蓮上人自らのヒゲを植えつけたといわれている。木造伝妙見菩薩倚像は県指定有形文化財で、千葉一族の守護神とされている。
多古藩陣屋跡 史跡 多古町
多古
現在、石垣がわずかに残っている。明治まで続いた多古藩1万2千石の中心地。
木内家住宅 史跡 多古町
多古
昭和4年建築の商家建築物。平成11年に国登録文化財に指定。
八坂神社 社寺 多古町
多古
旧多古宿の鎮守。江戸時代から続く「祇園祭」は、天保10年に作られたという新町の山車など、各町から繰り出された山車が華やかに競演。
親社大神 史跡 多古町
多古
慶長17年に自刃した、多古城主、牛尾能登守胤仲の霊を祀った社。
観福寺 社寺 香取市
牧野
寛平2年(890)創建といわれている真言宗の寺。伊能忠敬の墓地がある。
伊能忠敬記念館 史跡 香取市
佐原イ
伊能忠敬に関する資料、伊能図を収蔵、展示。
佐原の町並み 史跡 - 国の重要伝統的建造物群保存地区に指定されている。

ページの先頭へ戻る

 おすすめスポット

 自然

名称 位置 説明
栗山川ふれあいの里公園 香取市
栗源
敷き詰められた小石の上を裸足で歩く「はだし健康の道」などが整備されている。家族連れやスポーツを楽しむ人が集う公園。そびえ立つ高さ6メートルのモニュメント「集い」の壁面には、オープン当時の栗源町民5,543人が1枚ずつ夢や希望を込めてメッセージを書いた陶板がはめ込まれている。

ページの先頭へ戻る

 施設

名称 位置 説明
水郷佐原山車会館 香取市
佐原イ
国指定重要民俗文化財「佐原の山車行事」に用いる山車を見ることができる。このほか、270年ほど前に造られた木偶人形の大きな頭なども見ることができ、佐原の伝統と文化を体感できる。
三里塚記念公園と
三里塚御料牧場記念館
成田市
三里塚
かつて宮内省下の御料牧場があった地。館内には、江戸時代の佐倉七牧の大絵図や古文書、御料牧場の門標、牧士が利用した乗馬器具などが多数展示されている。
道の駅「多古」(あじさい館) 多古町
多古
道の駅・多古「あじさい館」は、24時間利用できる駐車場やトイレなどの休憩施設を完備。多古米、ぶどうなどの「農産物」や「特産品」の直売、観光スポットなどの地域情報の発信基地でもある。
佐原まちぐるみ博物館 香取市
佐原イ
博物館の目印は「佐原まちぐるみ博物館」と書かれた小さな木製看板。重要伝統的建造物群保存地区を含む市街地に点在する商家が、その家の家宝などを公開。現在40館以上が参加。この博物館は、商家の女将さん有志でつくる「佐原おかみさん会」が運営。

ページの先頭へ戻る

 社寺

名称 位置 説明
浄妙寺 多古町
北中
日蓮宗の寺。浄妙寺は天平宝字年間(757~764)の創建と伝えられる多古町最古の寺。本堂の東西から力士像が棟木を支える光景は、他では見られない珍しい建築。
日本寺/中村壇林 多古町
南中
日本寺は日蓮宗の学問所“中村壇林”であった。元応年間に日祐が千葉胤宣から寄進されて開基したとされる。壇林は慶長4年から明治のはじめまで続いた。
正覚寺/不受不施派 多古町
日蓮宗不受不施派の寺。不受不施とは法華経の信者以外には施さず、施しも受けないという信条を守る一派。江戸時代には幕府に弾圧を受けたため、島集落内の道は迷路のよう。
荘厳寺 香取市
佐原イ
日本県最古の木造仏である木造十一面観音立像(国指定重文)を所有。
香取神宮(文化財) 佐原市
香取
武神・経津主命を祀る。本殿は徳川綱吉の造営(国指定重文)。その他「海獣葡萄鏡」(国宝)や神宝類を所蔵する。神宮の森も県指定の天然記念物。
安興寺 香取市
岩部
日蓮宗の寺。貞応2年に千葉五郎常其が建てたといわれる。足利義満から20石の御朱印地が与えられたほどの古刹。
東禅寺 多古町
寺作
現在は無住の寺。胤直と胤宣父子とその一族の墓と伝わる五輪塔が建っている。明治の学者、邨岡良弼の墓もある。
能満寺 多古町
東松崎
釈迦牟尼仏を本尊にまつる日蓮宗の寺院。石段上にそびえる鐘楼門は、天保9年(1838)に村人たちによって建立されたもの。能満寺境内には、同寺を開いた日運(上総大多喜城主である正木久太郎時茂)、日明の碑もある。

ページの先頭へ戻る

 祭り

名称 位置 説明
桜祭り 三箇所
で実施
香取神宮では、期間中、表参道に雪洞が飾られ、夜間はライトアップ。幻想的な雰囲気を味わえる。昼間は境内奥の桜の馬場や護国神社付近がおすすめ。御田植祭が4月第1土・日曜に、神幸祭が4月15日に行われる。このほか、佐原公園(諏訪公園)・十間川でも同様に開催。
佐原の大祭秋祭り
(諏訪神社秋祭り)
香取市
佐原イ
小江戸佐原の一大イベント「佐原の大祭」夏祭りと秋祭り(国指定重要無形民俗文化財)は、関東三大山車祭りのひとつ。約300年の伝統を有する。地域自慢の山車は圧巻。諏訪神社の祭礼である秋祭りは、14台の山車が曳き廻され、曲曳き「のの字廻し」などが披露される。◎10月の第2土曜を中日とする金・土・日曜。雨天決行。
佐原の大祭夏祭り
(八坂神社祇園祭)
香取市
篠原イ
佐原の大祭秋祭りと並ぶ(上記参照)。こちらは夏祭り。
栗源のふるさといも祭り 香取市
栗源
栗源小学校の近くの運動公園で行われる。150カ所の籾殻の山で、5トンのサツマイモを焼き上げ、来場者に無料配布する「焼いも広場」を中心に、子どもから高齢者まで楽しめるイベントを開催。ほかにも楽しい企画が・・・。◎開催:11月第3日曜。
ふるさと多古町あじさい祭り 多古町
多古
栗山川畔の約1万株のあじさいの時期に開催。町民の多くが参加。最大の見物は約800人が参加する「多古米献上行列」。◎開催日時:6月第3日曜日。午前9時~午後3時30分。
多古のしいかご舞い/八坂神社 多古町
多古
毎年7月25・26日の行われる祭礼に奉納される。10名が獅子・鹿・まんじゅうの面をつけ笛の音に合わせて踊る。豊作・悪病退散・子孫繁栄を願う。

ページの先頭へ戻る

 史跡

名称 位置 説明
千葉氏の荘園/千田荘 旧下総
一帯
江戸時代以前に下総一帯で権勢を振るった千葉氏の荘園。多古の町は千田荘の中心であった。千葉氏一門は、頼朝の信頼を受け、下総の支配者となった。
染井の一里塚 多古町
染井
国道296号線を進んで水田を横切り、染井の小高い丘のすそを迂回すると、多古軽便鉄道の跡地。旧道の一里塚が見えてくる。
北条塚古墳/松崎神社 多古町
東松崎
神社は旧東松崎村の鎮守。弘法大師が参拝の時に残したとされる「逆さ公孫樹」や、裏手の北条塚古墳(千葉県指定史跡)がみどころ。
伊能忠敬旧宅 香取市
佐原イ
小野川湖畔に建つ。記念館には測量機などの遺品200点余が展示される(国指定重文)。
矢作城址 香取市
観音
中世に佐原市一帯を治めた国分氏(千葉氏一門)の城。鎌倉時代末期に国分泰胤によって築かれたとされる。天正8年にはじまった“六斎市”も国分氏が領内の繁栄のためはじめたとされる。
樋橋(じゃあじゃあ橋) 香取市
佐原イ
伊能忠敬旧宅前の橋。もとは江戸時代につくられた佐原村用水で、水田に送るための大樋。300年近く使われ、水が小野川に溢れ落ちる音から、通称「じゃあじゃあ橋」。今の橋は観光用につくられたもので、30分ごとに落水させている。「残したい日本の音風景100選」に選出。

ページの先頭へ戻る

 その他

名称 位置 説明
小野川湖畔付近 香取市
佐原イ
界隈は昔のままの商家や土蔵が軒を並べ、情緒がある。国の文化財愛護モデル地区指定。

 

ページの先頭へ戻る

よくある質問

お問い合わせ

所属課室:環境生活部県民生活・文化課文化振興班

電話番号:043-223-2406

ファックス番号:043-221-5858

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?