ここから本文です。

更新日:平成29(2017)年1月24日

江戸 町並みの回廊

香取市 / 木更津市 / 成田市 / 市川市 / 鴨川市 / 野田市 / 君津市 / 佐倉市 / 大多喜町

江戸時代に栄えた城下町、門前町、舟運で繁栄した商いの町。それぞれの地域が固有の歴史伝統を守り、町並みをはじめとしたさまざまな文化資源が引き継がれてきています。そこを訪ねると江戸時代にタイムスリップをしたような気分が味わえるかもしれません……。

 香取市

北総の小江戸

佐原は江戸時代には利根川の舟運により繁栄した商都でした。現在でも町の中央を流れる小野川沿いや香取街道には江戸情趣の残る古い町並みが残っていて、大きな経済力を持った商人などの栄華の跡を彷佛させます。この地域は、国の「重要伝統的建造物群保存地区」に選定されています。

江戸情趣の残る町並み

中村屋商店

 

佐原ばやしの船

佐原の大祭秋祭

 

 

小堀屋本店

 

 

香取市

ページの先頭へ戻る

 木更津市

交通の要衝木更津

木更津は、江戸時代には「木更津船」という五大力船が江戸と房総をつなぎ物資や人を輸送する交通の要衝として栄えました。経済的にも豊かであったため、浮世絵の大家安藤広重や葛飾北斎も木更津を訪れて、絵を描いています。房総を代表する民謡の一つ「木更津甚句」も江戸時代末に生まれ、歌詞は古きよき湊町の風情を感じさせます。

広重「山海見立相撲  上総木更津」
(木更津市郷土博物館金のすず蔵)

「第一武蔵湾」図
(船橋市西図書館蔵)
江戸時代の東京湾を詳細に記載している。

 

 

木更津市

ページの先頭へ戻る

 成田市

門前町  成田

成田市は成田山新勝寺と佐倉宗吾の菩提寺宗吾霊堂を中心とした門前町として栄えてきました。

成田山新勝寺には年間一千万人以上の参詣者が訪れますが、国の重要文化財の仁王門、釈迦堂や資料館、書道美術館などがあります。

江戸時代には成田山新勝寺の江戸での出開帳にあわせるように、初代市川団十郎は不動明王の御利益により子宝に恵まれた自らの体験を上演したため、江戸の人々は団十郎にあやかりたいと出開帳に押し寄せ、成田山は一躍有名になったといわれています。

貞秀「成田山開帳役者参詣の図」
(成田山霊光館蔵)

成田山参道

 

成田山新勝寺

 

 

成田市

ページの先頭へ戻る

 市川市

法華経寺の門前町、中山

市川市中山は、法華経寺の門前町として発展した町です。法華経寺は国宝の日蓮聖人遺品や、五重塔をはじめとした重要文化財の建造物が多い文化財の宝庫です。ここは桜の名所としても知られています。

総門(黒門)

山門(赤門)

 

中山法華経寺  五重塔

中山法華経寺  祖師堂

 

中山参道

 

市川市

ページの先頭へ戻る

 鴨川市

誕生寺

小湊山誕生寺は、日蓮宗の大本山で日蓮聖人の生誕を記念して建立されました。江戸時代には江戸への出開帳などの歴史を有し、建造物も仁王門や世界一の大瓦が乗った祖師堂など江戸時代の代表的なものです。

誕生寺  祖師堂

誕生寺  仁王門

 

誕生寺  参道

 

 

鴨川市

ページの先頭へ戻る

 野田市

歴史と伝統の町

野田市関宿町は城下町として発展してきた町と純粋な農村社会として形成された町の二つの顔があります。水運交通の関所のようなものがあり、関所周辺は民家が建ち並び、町民の文化が花開いた町でした。

天守閣を備えた千葉県立関宿城博物館は「河川とそれにかかわる産業」をテーマに、流域の生活や産業などを河川の歴史とともに紹介しています。

関宿付近航空写真

千葉県立関宿城博物館

 

館内展示品
「近世境河岸の賑わい模型」

関宿城址の碑

 

関宿関所通行手形

 

野田市

ページの先頭へ戻る

 君津市

久留里城

君津市久留里は、久留里城の城下町として栄えました。久留里城は別名「雨城」とも呼ばれた山城です。

現在、二の丸跡には君津市立久留里城址資料館が建っています。

江戸時代から久留里藩士の内職として始まった楊枝づくりは、現在飾り楊枝にかわり「雨城楊枝」として広く知れわたっています。

久留里城
築城に際し、3日に一度雨が降ったという伝説から「雨城」の別名があります。

雨城楊枝(森光慶作)

 

現在の町並み

 

 

君津市

ページの先頭へ戻る

 佐倉市

残る城下町の町並み

佐倉は土井利勝が築城の際に整備した城下町です。現在、城跡は城址公園となり、土塁、空堀などが当時の面影を残しています。

また、周辺の町並みには城下町の風情が残っていて、武家屋敷通りには武家屋敷三棟を復元保存した家並みが並んでいます。

佐倉順天堂記念館

佐倉武家屋敷  旧但馬家住宅

 

現在の町並み

 

 

佐倉市

ページの先頭へ戻る

 大多喜町

城と渓谷の町

四天王の一人本多忠勝は家康の命を受け安房国里見氏に備え、大多喜城を整えるとともに城下町を整備し、六斎市を設けました。

江戸時代初期には房総でもっとも栄えていた町でした。現在城址には、城郭様式の県立総南博物館があり、往時の姿を紹介しています。

大多喜城

大多喜お城まつり

 

大多喜城といすみ鉄道

 

 

大多喜町

 

よくある質問

お問い合わせ

所属課室:環境生活部県民生活・文化課文化振興班

電話番号:043-223-2406

ファックス番号:043-221-5858

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?