ここから本文です。

更新日:平成28(2016)年2月15日

野田保健所管内ジェネリック医薬品安心使用促進検討会議について

野田健康福祉センター(野田保健所)では、管内におけるジェネリック医薬品の安心使用を進めていくことを目的として、平成25年11月に医療機関、学識経験者や関係団体の代表などで構成する野田保健所管内ジェネリック医薬品安心使用促進検討会議(以下「検討会議」という。)を設置しました。

平成27年3月まで、以下の取組みを行いましたので、お知らせいたします。

検討会議実施状況

  • 第1回 平成26年1月22日開催
  • 第2回 平成26年8月29日開催
  • 第3回 平成27年3月2日開催

ミニシンポジウム開催状況

検討会議の事業の一環として、「ジェネリック医薬品の市民の安心安全な使用と病院と薬局との連携を考える」をテーマに、管内病院薬剤部及び薬局勤務の薬剤師を対象としたミニシンポジウムを開催しました。開催状況は以下のとおりです。

  • 第1回 平成26年7月1日開催
  • 第2回 平成26年12月10日開催

アンケート調査実施状況

検討会議の事業の一環として、管内でのジェネリック医薬品使用促進の取組み、ジェネリック医薬品に対するイメージなどを把握するため、アンケート調査を実施しました。実施状況は以下のとおりです。

  • 医療機関(病院薬剤部、薬局)対象アンケート 平成26年7月~8月調査実施
  • 患者(病院入院患者、薬局来局患者)対象アンケート 平成26年10月10日~平成26年10月24日調査実施

 

さらなるジェネリック医薬品の安心使用促進に向けて

検討会議では、取組みとその成果から、野田でのさらなる安心使用促進のために必要な活動について提言を行うことを決定し、活動をまとめた報告書を地域に発信することで、その役割を終了することとしました。提言及び報告書は以下のとおりです。

野田での安心使用促進に向けての提言

(1)患者さんへの提言

  • ジェネリック医薬品にもっと関心を!

(2)医療関係者への提言

  • 患者さんのジェネリック医薬品に対するイメージは中立・肯定的でした!
  • 使っていない患者さんは、その理由を医療関係者からの勧めがないからと言ってます。患者さんにジェネリック医薬品を勧め、使用後も情報収集してください!
  • 飲んでいる患者さんにも今一度、ジェネリック医薬品の説明をしましょう!
  • 薬薬連携を進めましょう!
  • 医薬連携を進めましょう!
  • ジェネリック医薬品メーカーもより一層の安心使用のため頑張っている!

ジェネリック医薬品安心使用促進検討会の取り組みについて―報告書―

(1)報告書(概要版)(PDF:109KB)

(2)報告書(全体版)(平成28年2月10日訂正正誤表(PDF:42KB))

よくある質問

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

所属課室:健康福祉部野田健康福祉センター総務企画課

電話番号:04-7124-8155

ファックス番号:04-7124-2878

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?