ここから本文です。

更新日:平成28(2016)年5月10日

長生地域の感染症情報

 トピックス

中東呼吸器症候群(MERS)について

デング熱関連

平成26年9月5日現在、長生保健所管内において、デング熱の患者は発生しておりません。

 インフルエンザ情報

千葉県では「咳エチケット」を推奨しています。

  1. 咳・くしゃみが出たら、マスクを着用しましょう
  2. マスクを持っていない場合は、ティッシュなどで口と鼻を押さえ、他の人から顔をそむけて1メートル以上離れましょう
  3. 鼻汁・痰などを含んだティッシュはすぐにゴミ箱に捨てましょう
  4. 咳をしている人にマスクの着用をお願いしましょう

インフルエンザ関係リンク

 感染性胃腸炎について

<学校・病院・社会福祉施設等における注意事項>

  1. 日ごろから、児童・生徒・職員等の健康管理に努める。
  2. 施設内で嘔吐物やふん便を処理する時には、ビニール手袋や使い捨てマスクを用い、汚れた床・用具などは適正な濃度の塩素系消毒薬で消毒する。
  3. 嘔吐物やふん便の処理後は、よく手を洗い、うがいをする。
  4. 複数の患者発生時等には、速やかに管轄健康福祉センター(保健所)へ連絡する。

 

 A群溶血性レンサ球菌咽頭炎について

【症状】潜伏期は2~5日で、突然の発熱と全身倦怠感、咽頭痛によって発症し、しばしば嘔吐を伴います。

 A型肝炎について

 感染症報告数情報

類別・疾患別集計表第11週(単位:名)

区分 第11週 累計
1類感染症 0 0
2類感染症    
結核 1 12
3類感染症 0 0
4類感染症 0 0
5類感染症    
風しん 0 0
麻しん 0 0

定点把握感染症情報

平成26年第11週の感染症発生状況(週報)(PDF:195KB)

感染症法に基づく医師及び獣医師の届出について

結核は、診断したら直ちに届出をお願いいたします。

厚生労働省のページへ外部サイトへのリンク

 感染症発生時における保健所への報告

 過去のトピックス

平成26年3月19日

東葛方面で、麻疹の発生が報告されています

  • 2014年第11週は県内からの報告はなく、累計は21例でした。(2014年3月19日現在)
  • 保健所別では、松戸17例、野田2例、市川1例、習志野1例でした。
  • 性別は男性10例、女性11例で、年齢群別では、10歳未満が12例、10代3例、20代4例、30代2例でした。予防接種歴は、2回接種有が3例、1回接種ありが2例、無し、あるいは不明が16例でした。
  • 推定感染地域は国内が18例、国外が3例で、国外は全てフィリピンでした。
  • 全国では、第10週に23例の報告があり、累計172例で、近隣都県では、東京都5例(27例)、神奈川県5例(17例)の報告がありました。(2014年3月12日現在)

※( )内は2014年の累計

平成25年4月16日

風疹が関東地方で急増しています

風疹は、妊娠初期の方が感染すると、出生児に白内障、心疾患、難聴などの障害がおこる先天性風疹症候群を発症することがあります。

妊婦への感染を防ぎ、先天性風疹症候群の予防のために、特に、妊婦の夫、子ども及びその他の同居家族の方、妊娠希望者又は妊娠する可能性の高い方及び産褥早期の方のうち、抗体価が十分であると確認ができた方以外の方は、医師に相談の上、予防接種をご検討ください。

風しん男女別報告数グラフ

なお次表に相当する年齢の対象者は、麻疹・風疹ワクチンの定期予防接種を無料で接種することができます。未接種の方は、期間内に確実に受けましょう。

第1期 1歳以上2歳未満 1歳のお誕生日を迎えたら早めに接種を受けましょう
第2期 5歳以上7歳未満

小学校就学前の1年間に接種を受けましょう

 

よくある質問

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

所属課室:健康福祉部長生健康福祉センター健康生活支援課

電話番号:0475-22-5167

ファックス番号:0475-24-3419

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?