サービス停止情報

現在情報はありません。

ここから本文です。

更新日:平成30(2018)年7月12日

コンビニ受診を控えませんか!!

コンビニ受診(コンビニじゅしん)とは?

一般的に外来診療をやっていない休日や夜間の時間帯に、救急外来を受診される緊急性のない軽症患者の行動(受診すること)のことを言います。

例えば、「平日休めない」や「日中は用事がある」「明日仕事があるから」等々を理由とし、休日や夜間に重症者の受け入れを対象とする救急外来を受診する行為です。

なぜ、コンビニ受診がいけないの?

このような受診形態の患者が増え、重症な患者の対応が困難になったり、入院中の患者の急変に対応が困難になったり、医師が休養がとれず翌日以降の診療に支障を来したり、疲れ果て医療現場を去り医療崩壊の1つの原因にもなっています。

休日や夜間の時間帯に受診したいときはどうすればいいの?

安房地域で休日・夜間に診療を行っている診療所をお知らせします。

医療機関検索外部サイトへのリンク

「小児救急電話相談」にご連絡ください。

特に小児の場合、コンビニ受診をやめようと言われても、「どの場合には夜間でも病院に行く必要があり、どの場合には翌日まで待てばいいのか、わからない。」「共働きで夜しか子供を連れて行けない、夜間に相談できる相手がいない。」という事情もあると思われます。

このため、休日・夜間に、子どもを急いで病院に連れていく必要があるかなどを電話で相談できるのが「小児救急電話相談」です。

プッシュ回線で「#8000」を押せば、担当の小児科医・看護師などに相談できます。お気軽にご活用ください。

【実施日】毎日【相談時間】午後7時から午前6時まで

【電話番号】#8000

【ご注意】相談は無料ですが、通話料は利用者の負担となります。また、あくまでも電話によるアドバイスであり診断や診療はできません。

よくある質問

お問い合わせ

所属課室:健康福祉部安房健康福祉センター総務企画課

電話番号:0470-22-4511

ファックス番号:0470-23-6694

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?