サービス停止情報

現在情報はありません。

ここから本文です。

ホーム > 相談・問い合わせ > よくある質問 > 乳がん術後のリハビリはどのように、また、どのくらいすれば良いですか。

更新日:平成27(2015)年7月16日

乳がん術後のリハビリはどのように、また、どのくらいすれば良いですか。

質問

乳がん術後のリハビリはどのように、また、どのくらいすれば良いですか。

回答

乳がんの術後の機能障害は、術式により違いはありますが、肩の関節が手術前より動かしにくい状態になります。特に腕を前に上げることと、横に上げることが難しくなります。これは、皮膚の面積が縮小されることや、手術による筋肉の一時的な拘縮(関節運動の制限された状態)がおこるため、と考えられていますが、基本的にそれらの運動に必要な筋肉は残っていますので、リハビリによって動かすことができるようになり筋肉や関節の拘縮を予防することができます。手術前に行ってきた家事や仕事などを積極的に行うこともリハビリの継続につながります。

リハビリを行う上での注意点としては、腕が赤い、痛む、むくんでいるという時にはリハビリを続けていることで、症状が悪化することもあるため、そのような時は速めに受診または相談して、主治医の指示に従ってください。

腕が上がりにくいという方は・・・
入浴は全身の血行を促進し、筋肉をほぐす効果があります。
お風呂につかって、腕を指先から腋の方に向かって緊張をほぐすようにマッサージを行うと、より腕が上がりやすくなります。ですから、入浴後にリハビリを行うのも良いでしょう。

お風呂が無理であれば、蒸しタオルなどで肩や腋の下、創部を温めるだけでも十分です。ただし、感覚が鈍っていることがあるので、やけどには十分注意してください。

体のリハビリだけではなく、旅行に出かけたり、趣味をするなどの気分転換をはかり、心のリハビリを行うことも大切です。

図に示したリハビリは1例として参考にしてください。これを1 日1回と決めて行なうことも、もちろん有効です。

問い合わせ先
がん相談支援センター(千葉県がんセンター内)
043-264-6801(直通)
受付時間:午前9時から午後4時
(土、日、祝祭日及び12月29日から1月3日は休み)

リハビリ

お問い合わせ

所属課室:健康福祉部健康づくり支援課がん対策班

電話番号:043-223-2686

ファックス番号:043-225-0322

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?