サービス停止情報

現在情報はありません。

ここから本文です。

ホーム > 相談・問い合わせ > よくある質問 > がん患者が在宅看護を受けるには、どうすればよろしいですか。

更新日:平成27(2015)年7月16日

がん患者が在宅看護を受けるには、どうすればよろしいですか。

質問

がん患者が在宅看護を受けるには、どうすればよろしいですか。

回答

現在、千葉県内には約50の訪問看護ステーションがあります。訪問看護ステーションとは、「都道府県知事の指定を受け、在宅療養をする方に対し看護の独自性を生かして日常生活の援助をする看護職の事業所」です。訪問看護の対象者は、年齢や、疾患による制限はなく、在宅において療養上の世話の必要な方です。

実際に訪問看護を希望される方は、かかりつけの医師に申込む場合と、訪問看護ステーションに直接申し込む場合があります。かかりつけの医師がいない場合や、訪問看護ステーションがどこにあるか分からない場合は、地域の保健婦にお尋ねください。

費用としては、基本料金は健康保健の範囲内で受けられます。その他、交通費や衛生材料は実費となります(施設により異なります)。

訪問看護サービスの内容には、以下のようなものがあります。

1.健康サービス
血圧・体温・呼吸・脈拍などのチェックと病状の観察と助言
2.日常生活の看護
清潔のケア・食生活の援助・排泄のケア・寝たきり、とこずれの予防のためのケア
3.在宅リハビリテーション
体位交換、関節等の運動・日常生活動作の訓練・日常生活用具の利用相談
4.社会資源や福祉サービス導入のアドバイス
終末期の看護
5.その他、介護に関する相談や家族の精神的支援

訪問看護を受けるには月1回の主治医の診察が必要です。
医療機関から訪問看護を行っている施設もあります。また、理学療法士、薬剤師、栄養士の訪問も必要に応じて行われていますので、担当訪問看護婦へご相談ください。

問い合わせ先
がん相談支援センター(千葉県がんセンター内)
043-264-6801(直通)
受付時間:午前9時から午後4時
(土、日、祝祭日及び12月29日から1月3日は休み)

在宅看護のしくみ

在宅看護のしくみ

お問い合わせ

所属課室:健康福祉部健康づくり支援課がん対策班

電話番号:043-223-2686

ファックス番号:043-225-0322

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?