サービス停止情報

現在情報はありません。

ここから本文です。

ホーム > 相談・問い合わせ > よくある質問 > 正常な組織への放射線障害を少なくする新しい放射線治療法について教えてください。

更新日:平成27(2015)年7月10日

正常な組織への放射線障害を少なくする新しい放射線治療法について教えてください。

質問

正常な組織への放射線障害を少なくする新しい放射線治療法について教えてください。

回答

重粒子線、陽子線という特殊な放射線による治療が行われていますが、これらについては大きな設備とお金が必要で、放射線医学総合研究所で重粒子線、その他、数施設で陽子線による治療が臨床試験として開始されています。

ここでは、通常の治療用放射線を使用した強度変調放射線照射(IMRT)という方法についてお話ししましょう。これまでの放射線治療はがんのあるところ(がん組織)、ないところ(正常組織)にも同じように放射線をあてていました。しかし、できれば正常組織にはあてたくないわけです。これまでは技術的に不可能でしたが、最近のコンピュータ技術の進歩により、これが可能となったのです。それが、強度変調放射線照射といわれるものです。

前立腺がんを例に取れば、前は膀胱、後ろは直腸に囲まれているため、ここに体の外から放射線をあてようとすると必ず、この膀胱と直腸にも多くの放射線があたってしまいます。これでは、がんをたたくことができても、膀胱、直腸に潰瘍を作ったりすることになり、好ましい状況とはいえません。そこで、ある方向から照射するときに、放射線を遮断するような細い鉛のマルチリーフとよばれるものを高速で動かし、不均一な濃度の照射になるようにするのです。これを、いろいろな方向から行うことにより、余分な正常組織に多くの放射線があたらないようにすることが可能となったのです(下図参照)。まだ、日本でも数施設でしか行われていません。

問い合わせ先
がん相談支援センター(千葉県がんセンター内)
043-264-6801(直通)
受付時間:午前9時から午後4時
(土、日、祝祭日及び12月29日から1月3日は休み)

前立腺がん

お問い合わせ

所属課室:健康福祉部健康づくり支援課がん対策班

電話番号:043-223-2686

ファックス番号:043-225-0322

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?