サービス停止情報

現在情報はありません。

ここから本文です。

ホーム > 相談・問い合わせ > よくある質問 > サルノコシカケ等の民間療法は免疫力を高めると聞きましたが、どういうことですか。

更新日:平成27(2015)年7月10日

サルノコシカケ等の民間療法は免疫力を高めると聞きましたが、どういうことですか。

質問

サルノコシカケ等の民間療法は免疫力を高めると聞きましたが、どういうことですか。

回答

人間にはもともと微生物等に対して自然の抵抗力が備わっており、簡単に病気にかからないようになっています。がんに対しても同様で、これを除去しようとする能力があり、これらの生体防御の主役が免疫力です。したがって、免疫力を高めてがんを治療しようとすることは、当然のことと言えましょう。

この場合、免疫力とは具体的に何かということですが、それは免疫反応を担う、Tリンパ球やナチュラルキラー細胞と呼ばれる一群の細胞集団の働き具合を意味しています。これらの細胞の作用が高まれば、がんを効率よく攻撃することが可能となります。さまざまな方法で、このような細胞群の働きを高めることが、免疫力を高めることにあたります。

この免疫によるがんの治療は、多くの研究者や医師が目指しているものです。しかし率直に申し上げて、いわゆる民間療法で、免疫力が高まりがんの治療に役立っているということに対して、医学的な証明がなされた例は現在のところ皆無です。一方多くの研究者が、天然の物質から免疫力を高めるものを見つけようと努力していることもまた事実です。

ご質問の、民間療法が免疫力を高めたとする科学的な根拠はありませんが、免疫力を高めてがん治療を行なうという方向性は正しいものと言えましょう。

問い合わせ先
がん相談支援センター(千葉県がんセンター内)
043-264-6801(直通)
受付時間:午前9時から午後4時
(土、日、祝祭日及び12月29日から1月3日は休み)

お問い合わせ

所属課室:健康福祉部健康づくり支援課がん対策班

電話番号:043-223-2686

ファックス番号:043-225-0322

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?