サービス停止情報

現在情報はありません。

ここから本文です。

ホーム > 相談・問い合わせ > よくある質問 > がんの生存率では、なぜ5年が目安になっているのですか。

更新日:平成27(2015)年7月10日

がんの生存率では、なぜ5年が目安になっているのですか。

質問

がんの生存率では、なぜ5年が目安になっているのですか。

回答

がんの治療にはいろいろな方法があります。
それらの効果を比べるには、一般には、その治療を受けた人の何パーセントが5年後に生存しているか(5年生存率)で判断します。もちろん、もっと正確には、がんの種類(発生臓器)や進み具合(ステージ)をそろえて比較する必要があります。

では、なぜ5年目が目安になるのでしょうか?
がんは離れたところへ飛んでいく性質(転移)があります。転移したての小さながん巣は、どんな診断方法によってもとらえられませんし、当然、手術でも取り去ることは困難です。そのようながんが残った場合、一般のがん(例えば、胃がんや大腸がんなど)では術後の経過とともにしだいに増殖して致命的な結果となります。そして、5年目までには、その殆どが発症してしまい、それ以後に再発してくる例は稀です。ですから、皆さんは、「がんは手術して5年経てば治った」という話を聞いたことがあるでしょう。このことから、5年に達する率とは、つまり、「治る割合」を表しているともいえるわけです。もちろん、手術の後に補助療法(抗がん剤や放射線による治療)を追加する場合もあります。

がんの種類によって、これらの効果に差があるため、治ったといえる年数は前後に変化しますが、平均的な期間として5年が目安となっているわけです。

問い合わせ先
がん相談支援センター(千葉県がんセンター内)
043-264-6801(直通)
受付時間:午前9時から午後4時
(土、日、祝祭日及び12月29日から1月3日は休み)

お問い合わせ

所属課室:健康福祉部健康づくり支援課がん対策班

電話番号:043-223-2686

ファックス番号:043-225-0322

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?