サービス停止情報

現在情報はありません。

ここから本文です。

ホーム > 相談・問い合わせ > よくある質問 > がんの治療法にはどんな種類があるのですか。

更新日:平成27(2015)年7月10日

がんの治療法にはどんな種類があるのですか。

質問

がんの治療法にはどんな種類があるのですか。

回答

がんの治療法というと手術療法・放射線療法・薬物療法(抗がん剤)があります。がんには胃がんや肺がんのような固形がんと、血液やリンパ節からでるがん(たとえば白血病)があります。

固形がんは一般に手術でがんを摘出します。リンパ節への転移があれば、一緒に切除するのが普通です。白血病のようながんの治療法は薬物療法となります。手術はしません。何種類かの抗がん剤を組み合わせて使うのが一般的です。がんのなかには、放射線がよく効くものがあります。代表はがんの組織を顕微鏡で調べて分類した中で、扁平上皮がんと呼ばれるものです。これらには放射線療法が用いられよい成績が得られています。

三つの治療法は、例えば手術だけのように単独で行われることがありますが、一方、組み合わせて用いられることもあります。
放射線をかけたあとで手術をする(喉頭がんなど)、手術をしたあとで抗がん剤を使う(前立腺がんなど)、あるいは抗がん剤と放射線治療をする(悪性リンパ腫など)という方法です。そうすることにより治療成績の向上を目指すものです。ときには三つすべてを組み合わせることもあります。

これら代表的な治療法のほかに、がんに対する抵抗力を増強しようとする免疫療法、白血病に対する骨髄移植などもあります。最近話題の遺伝子治療はまだこれからの治療法です。

問い合わせ先
がん相談支援センター(千葉県がんセンター内)
043-264-6801(直通)
受付時間:午前9時から午後4時
(土、日、祝祭日及び12月29日から1月3日は休み) 

お問い合わせ

所属課室:健康福祉部健康づくり支援課がん対策班

電話番号:043-223-2686

ファックス番号:043-225-0322

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?