サービス停止情報

現在情報はありません。

ここから本文です。

ホーム > 相談・問い合わせ > よくある質問 > がんの遺伝子治療というのはどういうふうにするのですか。遺伝子を取り替えられたら恐ろしい気がしますが。

更新日:平成27(2015)年7月10日

がんの遺伝子治療というのはどういうふうにするのですか。遺伝子を取り替えられたら恐ろしい気がしますが。

質問

がんの遺伝子治療というのはどういうふうにするのですか。遺伝子を取り替えられたら恐ろしい気がしますが。

回答

がんの原因が遺伝子(DNA)の異常によることがわかっておりますので、その異常な遺伝子を修正してがんを治療しようとするのが本来の意味での遺伝子治療です。しかし、すべてのがん細胞の異常な遺伝子を直すことはいまの技術では不可能です。したがって現在遺伝子治療と呼ばれているものは、細胞に正常の遺伝子を導入して、そこから作られる蛋白質を利用するというものです。

その具体的方法、用いる遺伝子などはいろいろは事例が考えられます。例えば、がん細胞を手術等で体外に取り出したうえで、からだの免疫力を増す蛋白質の遺伝子をその細胞に発現させて、ワクチンとして再び患者さんの皮下に接種したり、あるいは内視鏡を用いて直接遺伝子をがんに注射したりする方法などがあります。手術をするような場合を除けば、遺伝子治療を行うときの患者さんの負担としては、注射をするか内視鏡を入れるか程度のものです。実際の遺伝子治療が行なわれている米国では、外来で治療が行なわれていることも多いのです。その治療理論を理解することは難しいのですが、治療手技そのものは比較的人に優しいものといえるでしょう。

また遺伝子を取り替えることはなく(現実のもそのようなことは絶対に不可能なのですが)、その点のご心配はまったく無用です。

問い合わせ先
がん相談支援センター(千葉県がんセンター内)
043-264-6801(直通)
受付時間:午前9時から午後4時
(土、日、祝祭日及び12月29日から1月3日は休み)

遺伝子治療

お問い合わせ

所属課室:健康福祉部健康づくり支援課がん対策班

電話番号:043-223-2686

ファックス番号:043-225-0322

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?