サービス停止情報

現在情報はありません。

ここから本文です。

ホーム > 相談・問い合わせ > よくある質問 > QA(県政情報・統計) > 広報 > ホームページを作成する際、著作権に配慮しなければならないのはなぜですか

更新日:平成29(2017)年9月3日

ホームページを作成する際、著作権に配慮しなければならないのはなぜですか

質問

ホームページを作成する際、著作権に配慮しなければならないのはなぜですか

回答

著作権法では、完全な私的利用であれば著作物を複製しても良いとなっています。
しかし、複製してホームページ上で公開することは、世界中に発信することになり、無断放送とか無断出版することになるため、私的利用ではなくなります。

他の人が作成した写真や文章を許可なく複製(コピー)してホームページに利用してはいけません。自分で撮った写真や、描いたイラストなどを使用しましょう。

また、他の人が書いた文章を勝手にコピーして使うのも、その人の才能や努力を盗む(剽窃(ひょうせつ)といいます)ことにもなります。気に入った文章であっても、その出典(どこから引用したか)を明記したり、必要な範囲だけを引用して、「かぎかっこ」で引用範囲を示すということが本来必要です。こうした配慮をするということが、結局自分の発表するものについても他の人が同様にきちんと扱ってくれることにつながるのです。

お問い合わせ

所属課室:健康福祉部健康福祉指導課企画情報班

電話番号:043-223-2607

ファックス番号:043-222-6294

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?