ここから本文です。

報道発表案件

更新日:令和4(2022)年2月1日

ページ番号:478778

千葉県稲毛臨時医療施設の開設について

発表日:令和3年11月25日

(令和4年1月31日更新)

健康福祉部健康福祉政策課

県では、千葉市内の民間研修施設を活用した、新たな臨時の医療施設を設置し、早期稼働に向け準備を進めてきたところですが、この度、令和4年2月3日(木曜日)から患者の受け入れを開始します。

施設の概要

  • 施設名 千葉県稲毛臨時医療施設
  • 開設者 千葉県知事
  • 開設日 令和4年2月3日(木曜日)
  • 場所 ちばぎん研修センター(千葉市稲毛区長沼町297)
  • 病 床 数 110床(投薬病床35床、酸素病床29床、宿泊病床46床)
  • 受入対象 新型コロナウイルス感染症の重症化リスクのある軽症患者等で、発熱外来等の医師により、投薬(中和抗体薬・経口薬)が必要であると認められた患者

施設の運用管理

医療従事者(医師、看護師、薬剤師)の確保配置、配食、清掃、リネン交換など一連の運営管理業務を民間事業者(株式会社 阪急交通社)に包括外部委託

施設の運営体制

医師、看護師、生活支援スタッフ、警備員などを24時間体制で配置
[配置体制]
医師3人(2人)、看護師12人(4人)、薬剤師1人(0人)、生活支援員15人(3人)、警備員3人(3人)
その他総括スタッフ3人(2人)
※人数は最大稼働時
※( )内は夜間対応人数

特記事項

当該施設の入所にあたっては、発熱外来等の医師が投薬の必要があると判断した上での紹介が必要となります。

 

お問い合わせ

所属課室:健康福祉部健康福祉政策課健康危機対策室

電話番号:043-223-2675

ファックス番号:043-222-9023

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?