サービス停止情報

現在情報はありません。

ここから本文です。

ホーム > くらし・福祉・健康 > 健康・医療 > 保健医療政策 > 新公立病院改革プラン、公的医療機関等2025プラン

更新日:平成29(2017)年12月28日

新公立病院改革プラン、公的医療機関等2025プラン

1.地域医療構想調整会議における具体的な議論の進め方(国方針)

  • 「まずは、地域における救急医療、小児医療、周産期医療等の政策医療を担う中心的な医療機関から、その役割が担わない機能や、中心的な医療機関との連携等を踏まえ、役割の明確化を図ること」とされています。(平成29年8月4日付け、都道府県知事あて厚生労働省医政局長通知(PDF:2,330KB))
  • まず役割の明確化を図るべきとされた病院のうち、公立病院については、総務省が平成28年度までの策定を求めている「新公立病院改革プラン」を、その他の病院については、新たに策定が求められた「公的医療機関等2025プラン」をもとに、調整会議で具体的な議論を行うこととされました。

対象となる病院

策定するプラン

公立病院(病院事業によるもの) 新公立病院改革プラン
公立病院(病院事業にならないもの) 公的医療機関等2025プラン
日本赤十字社の開設する病院
(社福)恩賜財団済生会の開設する病院
(独)地域医療機能推進機構の開設する病院
(独)国立病院機構の開設する病院
(独)労働者健康安全機構の開設する病院
特定機能病院
地域医療支援病院

 

2.千葉県における対応

上記の開設者に、プランの策定とその概要資料の提出を依頼しました。(療養・一般病床を有しない独立行政法人国立病院機構 下総精神医療センターについては、依頼の対象外としました。)

なお、上記に該当しない病院のうち、救急医療、小児医療及び周産期医療の分野で重要な役割を果たしている次の医療機関に対しても、地域において担うべき役割等に対する認識を示した資料の作成を依頼しました。(平成29年10月17日付け、健福第1061号(PDF:289KB))

救急医療関係 救命救急センター又は救急基幹センターを有する病院
小児医療関係 現行の保健医療計画において全県(複数圏域)対応型小児医療連携拠点病院に位置付けられている病院
周産期医療関係 周産期母子医療センターを有する病院

3.提出のあったプラン等

以下の資料は、平成29年10月~12月に千葉県へ提出のあった資料です。

(1)新公立病院改革プラン(概要)

※順不同

(2)公的医療機関等2025プラン

※順不同

よくある質問

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

所属課室:健康福祉部健康福祉政策課政策室

電話番号:043-223-2609

ファックス番号:043-222-9023

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?