サービス停止情報

現在情報はありません。

ここから本文です。

ホーム > くらし・福祉・健康 > 健康・医療 > 保健医療政策 > 地域医療への支援 > 「千葉県在宅医療スタートアップ支援事業」の参加者募集の御案内について

更新日:平成30(2018)年9月19日

「千葉県在宅医療スタートアップ支援事業」の参加者募集の御案内について

1.事業の目的・背景

高齢化の進展に伴い、外来に通院できなくなる方が増えていくことが見込まれています。また、多くの県民が住み慣れた自宅などでの療養を希望しています。
そこで県では、在宅医療を開始・拡充しようとする医療機関や、そうした医療機関と連携して在宅医療を支える事業所を支援するため、平成29年度から本事業を開始しました。

つきましては、本年度事業の参加者を下記のとおり募集します。医師の皆様だけでなく、連携して患者を支援する関係職種の皆様の御参加も地域の在宅医療を推進する上で、大変重要であることから、是非自院や地域の関係職種の方々ともお誘いあわせの上、御参加ください。

2.事業の内容

<1>在宅医養成研修

在宅医療に必要な知識を幅広く取り扱う座学研修や、在宅医療の現場を体験する同行訪問研修を実施します。

<2>在宅医療支援アドバイザー派遣

在宅医養成研修を受講した医師を対象に、在宅医療に係る手法や制度、経営等について個別に御相談いただける、在宅医療支援アドバイザーを派遣します。

3.開催要項

<1>在宅医養成研修

座学研修(中央)
開催地 日程 時間 会場
千葉市 全5回:9月10日,9月21日,10月3日,10月12日,10月24日 19時~21時 千葉市生涯学習センター
船橋市 全5回:10月1日,10月12日,10月19日,10月23日11月7日 19時~21時 船橋市保健福祉センター

同行訪問研修:座学研修修了後、順次県内の訪問診療医に同行し患者宅などを訪問

 

座学研修(地域)

開催地 日程 時間 会場
佐倉市 全5回:9月3日,9月13日,9月25日,10月1日,10月22日 19時~21時 佐倉市健康管理センター
香取市 全5回:9月4日,9月14日,9月28日,10月15日,10月29日 19時~21時 千葉県立佐原病院
流山市 全5回:10月5日,10月15日,10月22日,11月5日,11月12日 19時~21時 流山市保健センター

同行訪問研修:座学研修修了後、順次県内の訪問診療医に同行し患者宅などを訪問

募集人数
中央 各45名(県内の医師15名、事務職員、訪問看護師、ケアマネ等30名)
地域 各15名(開催地域の医師5名、事務職員、訪問看護師、ケアマネ等10名)

対象:在宅医療の開始・拡充を検討している医療機関の方、当該医療機関と連携する事業所の方

締切 1.(佐倉・香取):平成30年8月22日(水曜日)先着順
2.(千葉):平成30年8月29日(水曜日)先着順
3.(船橋・流山):平成30年9月14日(金曜日)先着順
※定員を超える場合は、事業の趣旨より医師の方を優先させていただくことがあります。
参加費 無料
研修修了者 研修修了証とチーバくんオリジナルステッカーを授与いたします。
申込方法

参加申込書(ワード:34KB)を提出ください。※参加者募集は終了しました。

<2>在宅医療支援アドバイザー派遣

募集人数 座学研修を修了した医師から15名
アドバイザー 経験豊富な医療コンサルタント
参加費 無料
申込方法 座学研修期間中に募集

4.研修カリキュラム及び講師一覧

研修カリキュラム

昨年度に御好評をいただいたカリキュラムをベースに、30年度の診療報酬改定などを反映!未経験の方にも経験者の方にも満足いただけるカリキュラム・テキストを御用意しています!
研修日程 テーマ 学習項目
1日目 在宅医療の背景と経営
  • 前年度の好事例の御紹介
  • 在宅医療の背景、千葉県の現状と今後
  • 在宅医療に係わる診療報酬のポイント
  • 医療機関のタイプ別経営戦略
2日目 在宅医療の実践
  • 在宅診療の準備
  • 在宅医療の実践(届出~算定までのステップ)
  • 在宅医療における連携(水平・垂直連携)
3日目 在宅医療に必要な医学的知識<1>
  • 在宅医療の役割とやりがい
  • 成人と小児における在宅医療
  • がんと非がんの在宅医療
4日目 在宅医療に必要な医学的知識<2>
  • 高齢者の診療、在宅医療におけるコミュニケーション
  • 認知症診療のポイント
  • 栄養障害、摂食嚥下照会、褥瘡、排泄
5日目 在宅医療に必要な医学的知識<3>
  • 意思決定支援、家族ケア
  • 緩和ケア、臨死期の対応(看取り)
同行訪問研修座学研修
修了後随時
オペレーション見学 在宅医療の運営管理方法の理解
カンファレンス見学 在宅医療におけるカンファレンス内容の理解
在宅診療見学 現場見学による在宅での診療の実際の理解

講師

本年も県内外の在宅医療のスペシャリストの方々に講師を依頼しています。
気になることはこの機会に是非、御質問ください。

5.前年度参加者の声(平成29年度事業の研修後アンケートより)

  • 現役在宅医の体験も聞きながら、在宅医療について幅広く学ぶことができました。同行訪問研修も大変参考になりました。(医師)
  • 総論から各論へ、在宅医療を体系的に扱うので初心者でもわかりやすいと思う。事務面など複雑な部分の説明も、細かいところまで丁寧だった。(医師)
  • テキストは細かいところまで見やすく、何回でも読み返して参考にできると思います。在宅医療を行っている先生が講師なので、実際の現場のお話も聞くことができました。(看護師)

6.問い合わせ先(ご不明な点は下記までお問い合わせください。)

(事業受託者)

株式会社メディヴァ

担当:針谷(はりがや)、神野(かんの)

TEL:03-6805-7876

よくある質問

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

所属課室:健康福祉部健康福祉政策課地域医療構想推進室

電話番号:043-223-2608

ファックス番号:043-222-9023

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?