ここから本文です。

更新日:令和3(2021)年9月24日

ページ番号:407816

次のインフルエンザ流行に備えた体制整備について

 県では、季節性インフルエンザと新型コロナウイルス感染症との同時流行に備え、県民の皆様が地域の診療所など多くの医療機関で速やかに発熱等にかかる相談・診療・検査を受けられる体制整備を行っております。

概要

 例年、季節性インフルエンザの流行期には多数の発熱患者が発生しており、今年度も同程度の発熱患者が発生することが想定されますが、発熱等の症状のある患者に対して、季節性インフルエンザと新型コロナウイルス感染症を臨床的に鑑別することは困難です。

 そこで県では、次のインフルエンザ流行に備え、発熱等の症状のある多数の患者に対して、地域において必要な医療を提供できるよう体制整備を行っております。

発熱患者を受け入れる意向を表明している診療所・病院

 1,217機関(9月24日現在)

  • 発熱外来の指定を受けていない医療機関を含みます。
  • かかりつけ患者のみの診療を行う医療機関を含みます。

※時間帯または動線を区別して、発熱患者とその他の患者とを分けることにより、感染防止対策を講じて診療する体制を整えております。

※地区のPCR検査センター、病院などで検査を受けるよう案内されることがあります。

※国が実施する「発熱外来診療体制確保支援補助金」や、県が実施する「千葉県新型コロナウイルス感染症対策事業補助金」などによる支援を受けるためには、県から発熱外来として指定を受けることが必要となります。発熱外来の指定を受けている医療機関は9月24日現在で707機関です。

お問い合わせ

所属課室:健康福祉部健康福祉政策課健康危機対策室   担当者名:医療提供体制整備グループ

電話番号:043-223-3921

ファックス番号:043-222-9023

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?