ここから本文です。

ホーム > 県政情報・統計 > 入札・契約 > 建設工事等 > 入札参加資格(建設工事等) > 平成30・31年度建設工事等入札参加資格審査申請について

更新日:平成29(2017)年8月14日

平成30・31年度建設工事等入札参加資格審査申請について

 平成30・31年度の入札参加資格審査申請(当初申請)が始まります。

 申請期間:平成29年9月15日(金曜日)から平成29年11月15日(水曜日)17時00分必着

 入札参加資格者審査申請についてはシステムへの入力と、入力事項を印刷し、必要な書類を添付して千葉県電子自治体共同運営協議会へ郵送又は持参していただくようになります。

 詳しくは、千葉県電子自治体共同運営協議会のホームページ外部サイトへのリンクをご覧ください。

平成30・31年度入札参加資格者名簿の審査内容

平成30・31年度入札参加資格者名簿の審査内容及び変更点について。(PDF:98KB)

【重要】平成28・29年度名簿申請からの変更点等留意事項について

1解体工事の新設に伴う留意事項

 平成28年6月に建設業の許可業種として「解体工事業」が追加されたため、今年度の申請から、希望する工事業種に「解体工事」を追加します。

 解体工事業が追加された際、経過措置として、平成31年5月31日までは、従前のとび・土工工事業の許可により解体工事が施工できる(平成28年6月1日以降に初めてとび・土工工事業の許可を受けた者を除く)とされたことから、千葉県においては、経過措置が適用される者を含めた「解体工事(暫定名簿)」を作成することとしました。申請方法は以下のとおり異なるので、留意してください。

(1)解体工事業の許可を持ち、これに対応する経営事項審査の結果を受けている者

 ちば電子調達システムにより入札参加資格審査申請を行ってください。

(2)経過措置が適用される者

 千葉県電子自治体共同運営協議会のホームページから届出書をダウンロードし、入札参加資格審査申請の提出時に、併せて千葉県電子自治体共同運営協議会へ郵送又は持参してください。

「解体工事(経過措置)」名簿について

(1)業者選定について

 平成30年度における発注では、原則として「解体工事(経過措置)」に掲載されている者から選定します。

(2)総合点数の算出について

 客観点については、経営事項審査の総合評定値における解体工事が追加された際に設けられた「とび・土工・コンクリート(経過措置)」を使用します。

 主観点については、工事成績はとび・土工・コンクリートの点数を、技術者の評価については、経営事項審査における「とび・土工・コンクリート(経過措置)」に対応する結果を使用します。

(3)格付等について

 名簿登載通知書では、「解体工事(暫定名簿)」の総合点数及び格付は表示されませんので、本ページで確認してください。(平成30年3月頃掲載予定)

(4)有効期限(予定)

 平成30年度限りを予定しています。

2主観項目における安全対策の団体追加について

 主観項目における安全対策を実施する団体として、(一社)千葉県上下水道インフラ整備協会を追加します。

 申請システムでは、団体への加入を入力する項目がありませんが、主観項目における上記の安全対策を申請する場合には、団体への加入証明を、入札参加資格審査申請書の提出時に、併せて千葉県電子自治体共同運営協議会へ郵送又は持参してください。

 提出の際には、業者名の横に利用者番号を記載するようお願いします。

よくある質問

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

所属課室:県土整備部建設・不動産業課契約・審査班

電話番号:043-223-3116

内線:3116

ファックス番号:043-225-4012

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?