サービス停止情報

現在情報はありません。

ここから本文です。

更新日:平成29(2017)年8月9日

注文と異なる施工をされてしまった

質問

住宅の新築をしていますが、工事の様子を見に行ったところ、こちらで指定したものと異なる材質のフローリングが張られていました。工事業者に指摘すると、「もう施工済だから直せない」といわれました。直してもらうことはできないのでしょうか。

回答

まず、新築住宅の場合、図面と見積書があるはずですが、それらには該当工事がどのように記載されているでしょうか。
図面には細かく書いていなかった、とか、図面に書いた後に口頭で変更を約束し相手の承諾を得た、というような場合には、後で争いになったとき、いったい当事者間でその工事につきどのような約束となっていたか、判断できず、「言った、言わない」といった水掛け論に終始することが多いです。
このような状況になることを避けるため、図面や見積りを作成する際には、材質や商品名(システムキッチンなど)については、詳細に記入した方が後々のトラブル防止となります。

図面や見積り等にきちんと記載されていたにもかかわらず、業者のミスで材質等を誤ったのであれば、業者は工事を約束通り完成させる契約を履行していないことになります。この場合には、相手方に対し、約束通りの材質のフローリングに業者の負担で張り替えてもらう、もはや張り替えられないのであればその分について工事代金から減額する、等の対応が考えられますが、法律の専門家などに相談してから対応した方がいいでしょう。

もっとも、工事代金が全額支払済で、相手方がまったく対応しない場合に、なお対応を求めるのであれば、法的な対応を考えることになります。
(10 紛争が起きてしまったら参照)

このような事態を回避するには、こまめに現場に行き、注文通りの施工が行われているか確認し、約束と異なる場合は責任者に約束通りの施工をするよう申し入れる、工事の途中で写真を撮っておく(基礎完成時、上棟時、内装の様子など)、などの対応策が考えられます。

お問い合わせ

所属課室:県土整備部建設・不動産業課建設業班

電話番号:043-223-3108

ファックス番号:043-225-4012

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?