ここから本文です。

更新日:平成28(2016)年4月4日

建築基準法施行規則等の改正に伴う確認申請等について

1.建築確認手続等の運用改善について

平成22年6月1日施行の建築基準法施行規則・関係告示改正に伴い、告示で定められた「確認審査等に関する指針」の運用が大幅に変更されました。建築確認手続等の運用改善に基づき、審査の迅速化の観点から建築確認と並行して、構造計算適合性判定を求めることができることとなりました。また、千葉県では「円滑な建築確認手続等に係る推進計画書」に基づき、消防同意事務の並行審査もできることとなりました。なお、仮預かり審査制度は平成22年8月31日をもって終了しました。

2.構造計算適合性判定制度について

構造計算適合性判定制度が改正され平成27年6月1日から施行されました。構造計算適合性判定を建築主事等の審査から独立させ、建築主が建築確認とは別に構造計算適合性判定を直接申請する仕組みとなり、建築主が指定構造計算適合性判定機関や申請時期を選択できるようになりました。

3.建築確認申請書について

建築物等確認申請を受ける場合は、以下の書類を揃えた上で、参考フローに従い、市町村の受付担当課(係)に提出していただきます。

確認申請書の申請部数

  • 正副各1部、消防同意並行審査用1部

(構造計算適合性判定が必要な物件は、建築確認申請とは別に指定構造計算適合性判定機関に申請してください。)

提出書類

  • 確認申請書
  • 委任状
  • 建築計画概要書
  • 意匠、設備等の図面(規則第1条の3に規定されている図書(法第43条許可等の図書、関係法令(消防法第17条等)に関する規定が適用される建築物の図書等を含む)
  • 構造図面、構造計算書等(施行規則に規定されている構造図、構造計算書)
  • 認定書の写し(認定書の内容を確認できた場合は、省略できます。)
  • 規則により規定されている図書及び添付書類
  • 構造計算の安全証明書の写し(構造計算を要する場合に限る。)
  • 千葉県建築基準法施行細則に規定されている図書
  • 様式確認申請受理時チェック項目リスト(様式<1>-1)(ワード:23KB)
  • 設備設計一級建築士の関与を要する建築物の範囲(様式<1>-2)(ワード:116KB)
  • 適合判定通知書(写)及び判定申請書(副)(構造計算適合性判定が必要な物件)
  • その他必要な図書等

よくある質問

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

所属課室:県土整備部建築指導課建築審査班

電話番号:043-223-3188

ファックス番号:043-225-0913

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?