サービス停止情報

現在情報はありません。

ここから本文です。

ホーム > 環境・まちづくり > まちづくり > 都市計画・市街地整備 > 違反建築物の未然防止への取組 > 千葉県が告発した確認済証偽造事件の判決について

報道発表案件

更新日:平成31(2019)年3月13日

千葉県が告発した確認済証偽造事件の判決について

発表日:平成31年2月25日

更新日:平成31年3月13日

県土整備部都市整備局建築指導課

確認済証偽造事件に関し、平成26年3月に、有印公文書偽造、同行使に該当するとして、県が告発していた竹尾一弥二級建築士に対し、千葉地方裁判所より懲役2年執行猶予3年の判決が言い渡されました。

1被告人

住所:茨城県稲敷郡河内町(いばらきけんいなしきぐんかわちまち)

氏名:竹尾一弥(たけおかずや)男性

年齢:58才

2起訴処分

処分年月日:平成30年11月7日、平成30年12月5日、平成30年12月20日

罪名:有印公文書偽造、同行使

3判決(千葉地方裁判所)

求刑:懲役2年

判決:懲役2年執行猶予3年

4事件の概要

竹尾一弥被告は、指定確認検査機関名義の確認済証を偽造した上、あたかも

真正に作成されたもののように装って提出、行使したものです。

千葉県では、これらの行為は、有印公文書偽造同行使に該当するとして、

平成26年3月28日付けで、千葉県警察本部へ告発していました。

【参考】告発していた物件

富里市非住宅(木造平家建て)1件

銚子市住宅(木造2階建て)2件計3件

当該3件の建築物については、県の調査により、敷地、構造、設備、用途

などについて、建築基準法その他の法令の違反は無いことを確認しています。

また、本判決について、当該建築士の処分権限を有する茨城県知事へその旨報告しました。

 

 

※3月12日をもって刑が確定しました。

 

 

建築基準法に基づく確認済証の偽造について(平成26年3月28日)(PDF:66KB)

 

 

よくある質問

Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

所属課室:県土整備部建築指導課建築指導室

電話番号:043-223-3182

ファックス番号:043-225-0913

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?