サービス停止情報

現在情報はありません。

ここから本文です。

ホーム > 環境・まちづくり > まちづくり > 都市計画・市街地整備 > 違反建築物の未然防止への取組 > 旭化成建材株式会社が施工したくい工事においてデータ流用等が判明した物件の安全性等の確認について(第3報)

報道発表資料

更新日:平成28(2016)年1月7日

旭化成建材株式会社が施工したくい工事においてデータ流用等が判明した物件の安全性等の確認について(第3報)

発表日:平成28年1月6日

千葉県県土整備部
都市整備局建築指導課
電話:043-223-3182

旭化成建材(株)が施工したくい工事において、施工データの流用等が判明した23件について、元請け施工者等からくいの支持層への到達状況及びセメントミルクの使用状況の調査結果についての報告があり、23件全てについて、くいが支持層に到達していること及びセメントミルクが必要量使用されていることを、1月5日までに、各特定行政庁において確認しました。

支持層到達状況及びセメントミルクの使用状況の調査結果

特定行政庁ごとの内訳

(単位:件)

区分 千葉県 千葉市 市川市 船橋市 松戸市 市原市 佐倉市 その他の特定行政庁(※) 合計
調査対象件数

52

21

20

16

9

9

7

34

168

流用等が判明した件数

6

3

7

2

2

1

2

0

23

支持層到達及びセメントミルク使用量が確認された件数

6

3

7

2

2

1

2

0

23

※その他の特定行政庁:柏市、八千代市、我孫子市、浦安市、習志野市及び木更津市

くいの支持層への到達状況及びセメントミルクの使用状況の確認方法

支持層への到達状況

設計段階の地盤調査やデータ流用のないくいの施工記録をもとに、データ流用のあったくい位置における支持層の深さを確認しました。さらに、くいの納入記録やくい頭の高さの測定記録等から、くいの先端の位置が支持層に達していることを確認しました。

セメントミルクの使用状況

当該くい工事のセメントの入荷量の総量が、施工計画上必要なセメント量の総量を上回ることを確認することにより、セメントと水の混合物であるセメントミルクが必要量使用されていることを確認しました。

その他

旭化成建材(株)以外の業者が施工したくい工事でデータ流用があった4件(ジャパンパイル(株)1件、三谷セキサン(株)3件)について、元請施工者等が実施した目視等による現地調査は、平成27年12月25日までに全て終了しました。その結果、傾斜・ひび割れ等の不具合は確認されませんでした。

引き続き、元請施工者等がくいの支持層到達状況等の調査を進めており、1月末を目途に結果が出る見込みとなっています。

 

よくある質問

お問い合わせ

所属課室:県土整備部建築指導課建築指導室

電話番号:043-223-3182

ファックス番号:043-225-0913

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?