サービス停止情報

現在情報はありません。

ここから本文です。

ホーム > 環境・まちづくり > まちづくり > 都市計画・市街地整備 > 違反建築物の未然防止への取組 > (平成26年3月)建築基準法に基づく確認済証の偽造について

報道発表資料

更新日:平成29(2017)年4月6日

(平成26年3月)建築基準法に基づく確認済証の偽造について

発表日:平成26年3月28日

県土整備部都市整備局建築指導課

特定の建築士による確認済証の偽造の疑いのある事実が認められたので、刑事訴訟法第239条第2項の規定により、同建築士を千葉県警察本部に告発しました。

1確認済証偽造の疑い

富里市内1件(木造平屋建て非住宅)及び銚子市内2件(木造2階建て住宅)の建築工事において、特定の建築士による確認済証の偽造の疑いが認められました。

2告発の概要

告発日

平成26年3月28日

告発人

千葉県知事

被告発人

竹尾一弥(茨城県知事登録二級建築士)

告発の趣旨

下記告発の事実の所為は、刑法第155条第1項及び第158条(有印公文書偽造及び同行使)に該当すると思料される。

告発の事実

被告発人は上記工事の各建築主から工事施工者を介して委任された建築確認申請につき、指定確認検査機関名義の確認済証を偽造した上、あたかも真正に作成されたもののように装って施工者に対して提出行使した。

よくある質問

お問い合わせ

所属課室:県土整備部建築指導課建築指導室

電話番号:043-223-3182

ファックス番号:043-225-0913

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?