ここから本文です。

ホーム > 県政情報・統計 > 県のご案内 > 地域情報 > 地域振興事務所 > 長生地域振興事務所 > 東京2020大会・サーフィン競技に向けた機運醸成 > 小学生を対象にしたサーフィン教室(国際大会WSL QS6000見学会)2018の実施結果

更新日:平成30(2018)年8月28日

小学生を対象にしたサーフィン教室(国際大会WSL QS6000見学会)2018の実施結果

世界トップクラスのサーファーが参加する国際大会「WSL※ QS6000 ICHINOMIYA CHIBA OPEN」について、長生地域の小学校児童(主に6年生)を対象に見学会を実施しました。※WORLD SURF LEAGUE

児童は、競技会場において、講師から競技の内容やルールに関する説明を受けた後、実際に世界トップレベルのサーフィン競技を観戦しました。

1.開催日及び場所

平成30年5月21日(月曜日)、22日(火曜日)、25日(金曜日)

釣ヶ崎海岸(長生郡一宮町東浪見)

2.参加校

長生地域の小学校:5校

  • ž5月21日(月曜日):長柄町立日吉小学校、一宮町立東浪見小学校
  • ž5月22日(火曜日):睦沢町立睦沢小学校
  • 5月25日(金曜日):長柄町立長柄小学校、長南町立長南小学校

3.参加児童の人数

約210名(5校合計)

4.講師等協力

一宮町サーフィン業組合の皆さん

5.当日の様子

講師による説明

講師の説明

講師からサーフィンのルールや技の種類等について、説明を受けました

サーフボードに触れてみよう

サーフボードに触れてみよう

実際にサーフボードに触れて、素材等の説明を受けました

 

出展ブースを見学

出展ブースを見学

会場内の出展ブースを見学しました

競技を観戦

競技を観戦

選手に近い砂浜から観戦できました

 

スタンドから観戦

スタンドから観戦

会場内に設置されたスタンドから観戦しました

プロサーファーと写真撮影

プロサーファーと写真撮影

一宮町出身のプロサーファー、稲葉玲王選手を囲んで集合写真を撮影しました

6.参加した児童の感想

  • プロサーファーの演技を初めて見て、興奮した。あのようなすばらしい技術を身に付けるには、相当な努力をしたんだろうなと思った。
  • サーフィンのルールがわかった。初めてサーフィンの大会を観て、刺激になった。
  • サーフィンに興味を持った。オリンピックを観に行きたい。
  • 初めて知ることがたくさんあってよかったです。サーフィンはすごくかっこよかったです。
  • 波と人が一体化してとてもすごいなと思った。今度はぼくもやってみたいです。
  • 選手が失敗してもあきらめずに、何回も挑戦していたことがかっこよく思えました。

よくある質問

お問い合わせ

所属課室:総務部長生地域振興事務所地域振興課企画係

電話番号:0475-22-1711

ファックス番号:0475-24-0459

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?