ここから本文です。

更新日:平成28(2016)年4月22日

千葉県の河川について

河川

昭和30年代以降の高度成長期は、千葉県北西部を中心に都市化が進行し、社会経済基盤の構築に大きく貢献しましたが、反面、これら都市化が及ぼす影響で、降雨時の流出量の増大等による浸水被害や河川水質の悪化が顕著となりました。

さらに、都市化の進展に対して遅れていた河川整備も、その緊急性から鋭意対策を進めた結果、浸水被害は軽減してきましたが、経済性重視の河川改修は、河道の直線化や地域との連続性の欠如など、単調で無機質な河川環境の悪化をもたらしてしまいました。平成の時代になり、環境意識が高まるにつれ、年間を通じ、川が果たす役割を共通認識する考え方が定着してきました。

このような中で、平成9年には河川法が改正され、河川の整備に当たっては、河川環境の整備と保全に関する基本方針を定めることとなりました。県では、治水整備においては、その川の本来あるべき姿を想定し、川だけではなく、周辺地域との関係にも配慮した川づくりを進めていくこととしています。また、川だけの整備にとどまらず、積極的な流域対策にも努めています。

水循環・浄化

印旛沼や手賀沼をはじめ水質の悪化が著しい河川湖沼の水質浄化を図っています。急激な都市化の進展により、湧水の枯渇、水質汚濁、生態系の変化などの問題が発生している河川の健全な水循環系の再生も図っています。


参考

リーフレット「ちばの川と海」の紹介

 

よくある質問

お問い合わせ

所属課室:県土整備部河川整備課企画班

電話番号:043-223-3172

ファックス番号:043-227-0259

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?