ここから本文です。

更新日:平成26(2014)年3月27日

学生ちばたびコンテスト審査結果について

千葉県では、今まで観光地として認識されていなかった地区や体験型などの本県観光の新たな魅力を掘り起すとともに、観光客を誘致するためのこれまでにはない手法を見出すため、大学や専門学校等の学生を対象に、観光客増加に向けたアイデアコンテストを今年度初めて実施しました。

今回、全部で19グループからの応募があり、事務局の1次審査(書類審査)により選出された5作品について、旅行業界の専門家等を審査員に迎え2次審査(プレゼンテーション)を実施しました。

また、2次審査当日に、最優秀作品を発表しました。

審査結果について

1次審査通過グループ

チーム名(大学名)

発表者氏名

アイデアの名称

千葉大学

デザイン文化計画研究室
(千葉大学大学院・千葉大学)

土屋篤生

(リーダー)

週末千葉で地BAR(ちばー)巡り!~オトナな酒の楽しみ方を探す旅~

トラベル研究部(Aグループ)
(千葉経済大学)

那須翔一

(リーダー)

素敵なパートナーを見つけようツアー

トラベル研究部(Bグループ)
(千葉経済大学)

吉岡純也

(リーダー欠席のため、代理出席)

新感覚アウトドアレジャー

チームtuis
(東京情報大学)

関ひとみ

(リーダー)

佐原パワーアップ旅行

東京情報大学中島ゼミ
(東京情報大学)

氏里瞳美

(リーダー)

てづくり体験わくわくステイ

※大学名の50音順

最優秀グループ

チーム名(大学名)

アイデアの名称

千葉大学

デザイン文化計画研究室
(千葉大学大学院・千葉大学)

週末千葉で地BAR(ちばー)巡り!~オトナな酒の楽しみ方を探す旅~

 

・作品概要

県内にある36の酒蔵を活かして、日本酒に合うさかな探しや、酒器へのこだわり、雰囲気作りのほか、酒の歴史、製造行程まで楽しむという、「文化としての酒の愉しみ方」を提案した作品

※最優秀作品を受賞した作品については、さらなる磨きあげを行い、旅行業界関係者等を招いたモニターツアーを実施します。

2次審査及び最優秀作品発表会の開催概要について

1開催日時

平成26年2月28日(金曜日)
2次審査(プレゼンテーション)9時00分~11時30分
最優秀作品の発表12時00分

2開催場所

千葉県庁本庁舎5階大会議室

3開催概要

  1. 2次審査(1グループあたり2~3名、計5グループによるプレゼンテーション)
    発表時間10分間、質疑応答及び講評20分間
  2. 最優秀作品の発表

旅行業界関係者、公的団体、県

4審査員

所属 役職 氏名
千葉県商工労働部 観光誘致専門監 椎名誠
株式会社JTBコーポレートセールス

営業推進本部ソーシャルソリューション地域交流推進局
地域交流事業統括チーフマネージャー
(兼)観光開発プロデューサー

門脇伊知郎
株式会社JTBメディアリテーリング 営業企画課 樋口詠子
公益社団法人千葉県観光物産協会 チーフアドバイザー 石田文夫

5当日の模様

当日の模様 当日の模様 当日の模様
当日の模様 当日の模様 当日の模様

よくある質問

お問い合わせ

所属課室:商工労働部観光企画課観光企画室

電話番号:043-223-2415

ファックス番号:043-225-7345

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?