ここから本文です。

更新日:令和2(2020)年8月18日

ページ番号:27779

土砂災害の予兆・前兆現象

長雨や大雨、または地震が発生したとき、こんな前ぶれを確認したら、早めに安全な場所へ避難し、最寄の土木事務所、市町村へ通報してください。

1.がけ崩れ(急傾斜地の崩壊)

がけ崩イメージ

  • がけから水が吹き出す。
  • がけからの水が濁る。
  • がけに亀裂が入る。
  • 小石がパラパラと落ちてくる。
  • がけから音がする。

2.土石流

土石流イメージ

  • 山鳴りや立ち木の裂ける音が聞こえる。
  • 石のぶつかり合う音が聞こえる。
  • 雨が降り続いているのに、川の水位が下がる。
  • 川の水が急に濁ったり、流木が流れてくる。
  • 泥臭いにおいが漂う。

3.地すべり

地すべりイメージ

  • 山腹や地面にひび割れができる。
  • 山腹や地面に段差ができる。
  • 沢や井戸の水が濁る。
  • 斜面や地面から水が吹き出す。
  • 建物や電柱、樹木が傾く。
  • 井戸や野池の水かさが急激に変わる。

急傾斜地(がけ地)の点検を行う際のポイントについて

令和2年2月5日に神奈川県逗子市で道路に隣接する民有地斜面が雨が降っていないにもかかわらず斜面が崩落し、歩道の歩行者が土砂に巻き込まれ死亡するがけ崩れが発生しました。
斜面は、風化が進行して無降雨であっても突然崩壊する危険性があるため、斜面の自主点検時のポイントを掲載します。

※風化:地表の岩石が気温、雨水などの作用により次第に破壊され土や砂になること

神奈川県逗子市のがけ崩れをふまえた急傾斜地(がけ地)の点検を行う際のポイント(PDF:271KB)

お問い合わせ

所属課室:県土整備部河川環境課土砂災害対策室

電話番号:043-223-3443

ファックス番号:043-221-1950

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?