ここから本文です。

ホーム > 防災・安全・安心 > 土砂災害対策 > 平成27年度「土砂災害防止月間」の実施結果について

報道発表資料

更新日:平成27(2015)年7月16日

平成27年度「土砂災害防止月間」の実施結果について

 

発表日:平成27年7月14日

県土整備部河川環境課

043-223-3154

 千葉県では、毎年6月の「土砂災害防止月間」において、土砂災害の防止と被害の軽減を図るための各種活動を実施しています。
 今年は、県内6箇所において、例年を大幅に上回る延べ1,278人による住民参加の避難訓練が実施されました。(前年に対し、859人増)
 また、国、県、市町により、土砂災害警戒情報等を迅速かつ円滑に伝達できるよう情報伝達訓練を実施しました。
 さらに、県、市町村、消防関係機関、NPOなどが連携し、計1,044箇所の土砂災害危険箇所において、斜面の点検や避難経路の確認等を行いました。
 引き続き、土砂災害対策の一層の推進に取り組んでいきます。

1 住民参加の避難訓練

各市の避難訓練では、市・消防・警察・住民などが一体となって、災害時の避難に備えて、避難所の開設や要配慮者への避難支援などの訓練を実施するとともに、避難所において土砂災害に関する講習会等を実施しました。

実施市別参加人員等

実施日

実施市

地区

参加人員(人)

備考

6月3日(水曜日)

船橋市

飯山満地区

28

住民20人

6月6日(土曜日)

いすみ市

千町地区

418

住民373人

6月7日(日曜日)

館山市

那古地区

542

住民488人

6月7日(日曜日)

勝浦市

総野地区

116

住民106人

6月7日(日曜日)

鴨川市

天津地区

46

住民37人

6月7日(日曜日)

富里市

中沢地区

128

住民120人

 

 

1,278

 

※平成26年度は市原市、館山市、鴨川市の3市で計419人が参加。

2 情報伝達訓練【6月7日(日曜日)実施】

県と気象庁銚子地方気象台が連携して土砂災害警戒情報を発表後、一斉通報により各市町、県土木事務所に伝達し、さらに各市町では避難勧告・避難指示の発令や土砂災害にかかる被害報告を伝達するなどの訓練を実施しました。

参加機関別参加人員

参加機関

参加人員(人)

備考

国土交通省関東地方整備局

3

 

気象庁銚子地方気象台

2

 

千葉県防災危機管理部

2

危機管理課

千葉県水防本部

8

県土整備部河川環境課5名、県土整備部河川整備課3名

千葉県15土木事務所

51

 

45市町

144

 

210

平成26年度は計192人

※土砂災害警戒情報:市町長が避難勧告等を発令する際の判断や自主避難の参考となるよう、県と気象庁が共同で発表する防災情報。

3 土砂災害危険箇所の点検

例年、土砂災害防止月間内において、県土木事務所の管内ごとに土砂災害危険箇所の点検を実施しています。

今年度は、1,044箇所の土砂災害危険箇所において、斜面の点検や避難経路の確認とあわせ周辺住民への周知などを行いました。

参加機関別参加人員

参加機関

参加人員(人)

備考

千葉県15土木事務所

177

 

各市町村

252

 

千葉県各地域振興事務所

17

 

NPO防災千葉

103

 

消防関係機関

121

 

警察署

11

 

681

平成26年度は計777箇所、667人

※土砂災害危険箇所:がけ崩れ、土石流、地すべりなどの土砂災害による被害のおそれがある危険箇所。

お問い合わせ

所属課室:県土整備部河川環境課防災対策室

電話番号:043-223-3156

ファックス番号:043-221-1950

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?