ここから本文です。

ホーム > 県政情報・統計 > 行政手続案内 > 手続(くらし・福祉・健康) > 手続(福祉・子育て) > 母子保健法 > 【母子及び父子並びに寡婦福祉法施行細則】母子・父子・寡婦福祉資金貸付申請書

更新日:平成27(2015)年2月11日

【母子及び父子並びに寡婦福祉法施行細則】母子・父子・寡婦福祉資金貸付申請書

受付窓口等

受付窓口

各市町村担当課

受付時期

随時

備考

【貸付けの対象となる者】

  • 母子福祉資金
    1. 配偶者のいない女子で、20歳未満の児童を扶養している者(=母子家庭の母)
    2. 母子家庭の母に扶養されている児童
    3. 母子家庭の母に扶養されている20歳以上の子(弟妹・孫等、民法に定める扶養義務者を含む)
    4. 父母のない児童
  • 父子福祉資金
    1. 配偶者のいない男子で、20歳未満の児童を扶養している者(=父子家庭の父)
    2. 父子家庭の父に扶養されている児童
    3. 父子家庭の父に扶養されている20歳以上の子(弟妹・孫等、民法に定める扶養義務者を含む)
  • 寡婦福祉資金
    配偶者のいない女子で、かつて母子家庭の母であった者(=寡婦)※扶養している子がない場合は、所得制限あり。
    寡婦に扶養されている20歳以上の子(弟妹・孫等、民法に定める扶養義務者を含む)
    配偶者のいない女子で、40歳以上の者(所得制限あり)

【問い合わせ先】

児童家庭課母子福祉班
電話:043-223-2320

標準処理期間

未設定(事実関係の認定については事案ごとに難易差があり、標準的な処理の期間を設定することは困難であるため。)

審査基準

未設定(法令等の規定において基準が言い尽くされており、審査基準の設定が不要であるため。)

様式ダウンロード

【母子及び父子並びに寡婦福祉法施行細則】母子・父子・寡婦福祉資金貸付申請書(PDF:71KB)

必要事項のみ記載し、体裁は変更しないでください。

  • 不明の点については、各健康福祉センター地域保健福祉課及び母子・父子自立支援員にお尋ねください。
  • 詳細については、事前に各健康福祉センター地域保健福祉課及び母子・父子自立支援員にお尋ねください。
  • 相談・受付に際しては、来庁される前に御連絡ください。

よくある質問

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

所属課室:健康福祉部児童家庭課ひとり親家庭班

電話番号:043-223-2320

ファックス番号:043-224-4085

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?