ここから本文です。

ホーム > くらし・福祉・健康 > 福祉・子育て > 子育て支援 > 里親・児童福祉施設 > 厚生労働省「居住実態が把握できない児童」に関する調査結果

報道発表資料

更新日:平成26(2014)年10月18日

厚生労働省「居住実態が把握できない児童」に関する調査結果

発表日:平成26年10月17日

千葉県健康福祉部児童家庭課
電話:043-223-2356

厚生労働省において、市町村を対象に、5月1日時点の「居住実態が把握できない児童」に関する調査について、その後の状況確認を実施しましたので、調査結果をお知らせします。

結果

「居住実態が把握できない児童」数は、市町村から東京入国管理局への照会による出国確認や市町村職員等の目視による確認により、5月1日時点の269人が、10月10日時点には、5人に減少しています。
内訳 船橋市1人、松戸市4人

※5月1日時点の「居住実態が把握できない児童」数について、287人と7月4日に公表しましたが、その後市町村から訂正の連絡を受け、269人に修正し、厚生労働省に報告しました。

今後の対応

10月10日時点の居住実態が把握できない児童5人については、出国の可能性が高いとのことであり、引き続き、各市が、子どもの確認を行ってまいります。

【参考1】市町村別内訳

市区町村名 平成26年5月1日時点 平成26年10月10日時点
居住実態が把握できない児童数(人) 居住実態が把握できない児童数(人)
千葉市 39 0
船橋市 23 1
柏市 15 0
銚子市 0 0
市川市 43 0
館山市 3 0
木更津市 48 0
松戸市 17 4
野田市 0 0
茂原市 7 0
成田市 4 0
佐倉市 2 0
東金市 2 0
旭市 7 0
習志野市 1 0
勝浦市 0 0
市原市 5 0
流山市 9 0
八千代市 3 0
我孫子市 0 0
鴨川市 1 0
鎌ケ谷市 0 0
君津市 1 0
富津市 6 0
浦安市 1 0
四街道市 4 0
袖ケ浦市 0 0
八街市 0 0
印西市 3 0
白井市 8 0
富里市 12 0
南房総市 1 0
匝瑳市 0 0
香取市 2 0
山武市 1 0
いすみ市 0 0
大網白里市 0 0
酒々井町 0 0
栄町 1 0
神崎町 0 0
多古町 0 0
東庄町 0 0
九十九里町 0 0
芝山町 0 0
横芝光町 0 0
一宮町 0 0
睦沢町 0 0
長生村 0 0
白子町 0 0
長柄町 0 0
長南町 0 0
大多喜町 0 0
御宿町 0 0
鋸南町 0 0
合計 269 5

 

【参考2】

  • 厚生労働省「居住実態が把握できない児童」に関する調査
  1. 調査対象  市町村
  2. 調査の概要
    <1>H26年5月1日時点の「居住実態が把握できない児童」の数、当該児童の所在を把握するために市町村が
    行った取組の状況等を把握するもの。(H26年8月29日厚生労働省が公表 全国2,908人)
    <2>9月1日時点の調査(まとまり次第、厚生労働省が公表予定)
  • 本調査における「居住実態が把握できない児童」の定義
    平成26年5月1日時点で市町村の住民基本台帳に記録がある児童(同日において18歳未満である者)のうち、
    次のいずれかに該当する児童のことをいう。
  1. 乳幼児健康診査、予防接種、新生児訪問、乳児家庭全戸訪問事業などの乳幼児等を対象とする保健・福祉サービスを受けておらず、電話、文書、家庭訪問等による連絡・接触が図れない家庭(音信不通の家庭)に属する児童。
  2. 市町村の児童家庭相談、保育の実施事務、児童手当や児童扶養手当等の児童を対象とした手当(市町村独自の手当も含む。)の支給事務、その他児童福祉行政の実施事務の過程で把握されている児童のいる家庭のうち、電話、文書、家庭訪問等による連絡・接触が図れないため、それらの行政事務実施上、必要な各種届出や手続に係る案内や勧奨が一切できていない家庭(音信不通)に属する児童。
    〔例〕
    • 児童家庭相談や保育所入所手続等の対応をしていたが、途中で対応していた家庭と一切連絡が取れなくなった。
    • 保育所に入所中の児童が保育所へ来なくなり、その後、一切連絡が取れなくなった。
    • 各種手当の対象児童がいる家庭に対して必要な届出を行うよう案内文書を送付したが、宛先不明で返送され、その後文書の送付や電話での連絡を試みたものの、再度宛先不明で文書が返送されるなど、当該家庭と一切連絡が取れない。
  3. 市町村教育委員会においては、学校基本調査や「居所不明児童生徒に関する教育委員会の対応等の実態調査について(依頼)」(平成24年4月27日付け文部科学省初等中等教育局初等中等教育企画課教育制度改革室事務連絡)における「居所不明児童生徒」と同様の整理とする。ただし、就学時健診については、上記1に準ずる児童として取り扱う。
    〔例〕
    • 入学当初から学校に現れず、居住実態が把握できない。
    • 小学校や中学校に通学していたが、途中で学校に来なくなり、一切連絡がとれなくなった。

お問い合わせ

所属課室:健康福祉部児童家庭課虐待防止対策室

電話番号:043-223-2356

ファックス番号:043-224-4085

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?