ここから本文です。

ホーム > くらし・福祉・健康 > 福祉・子育て > 子育て支援 > 児童の虐待防止 > 千葉県子どもを虐待から守る条例

更新日:平成29(2017)年8月14日

千葉県子どもを虐待から守る条例

全ての子どもが虐待から守られ、幸せを感じながら成長できる千葉県を目指し、その基本的な考えを示した「千葉県子どもを虐待から守る条例」が議員提案により平成28年12月に成立し、平成29年4月1日から施行されました。

1条例の概要

(1)目的

この条例は、子どもを虐待から守ることについて、基本理念を定め、県、県民及び保護者の責務並びに市町村及び関係機関等の役割等を明らかにするとともに、子どもを虐待から守ることに関する施策の基本となる事項を定めることにより、市町村、県民、保護者等と共に当該施策を総合的かつ計画的に推進し、もって次代の社会を担う子どもが健やかに成長することができる社会の実現に寄与することを目的とする。

(2)基本理念

  • 虐待は、子どもの人権を著しく侵害する行為であり、何人も、虐待を決して許してはならない。
  • 子どもを虐待から守るに当たっては、子どもの生命を守ることを最優先とし、子どもの利益を最大限に考慮しなければならない。
  • 子どもを虐待から守ることに関する施策及び取組は、子どもの尊厳を重んじ、子どもが健やかに成長することができる社会の実現に向けて実施されなければならない。

(3)県の責務

  • 県は、前条に規定する基本理念(以下「基本理念」という。)にのっとり、子どもを虐待から守ることに関する施策(以下「虐待防止施策」という。)を策定し、及び実施するとともに、必要な体制を整備しなければならない。
  • 県は、市町村が実施する子どもを虐待から守ることに関する施策(以下「市町村の施策」という。)及び関係機関等が実施する子どもを虐待から守ることに関する取組(以下「関係機関等の取組」という。)について必要な支援を行うものとする。

(4)市町村・関係機関等の役割

  • 市町村は、基本理念にのっとり、必要に応じて県及び関係機関等と連携し、市町村の施策の推進に努めるものとする。
  • 関係機関等は、虐待を発見しやすい立場にあることを自覚し、虐待の早期発見に努めるものとする。

(5)財政上の措置

  • 県は、虐待防止施策等を推進するため、必要な財政上の措置を講ずるものとする。

(6)施行期日

平成29年4月1日

2千葉県子どもを虐待から守る条例(全文)

千葉県子どもを虐待から守る条例(PDF:101KB)

よくある質問

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

所属課室:健康福祉部児童家庭課虐待防止対策室

電話番号:043-223-2357

ファックス番号:043-224-4085

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?