ここから本文です。

報道発表案件

更新日:令和元(2019)年10月8日

児童扶養手当の過払いについて

発表日:令和元年10月7日
健康福祉部児童家庭課

香取健康福祉センター及び山武健康福祉センターにおいて、児童扶養手当の所得控除である「寡婦・寡夫控除」制度の運用について、父母に代わって児童を養育しているなどの者(養育者及び扶養義務者)のみが適用対象となるところ、父母についても適用し、児童扶養手当受給額を高く認定したことによる過払いが判明しました。

このような事態を招き、関係者に多大な御迷惑をおかけするとともに、県民の信頼を損なうことになったことを深くお詫び申し上げます。

今後、このようなことが二度と起こらないよう、再発防止に努めてまいります。

1制度の概要

※児童扶養手当

児童を養育しているひとり親家庭等の生活の安定と自立を助けるため、前年所得に応じて支給。(月額42,910円~10,120円)

※寡婦・寡夫控除

父母以外の養育者及び扶養義務者が、寡婦又は寡夫の場合に所得額から27万円の控除ができる。父母は対象外。

※寡婦・寡夫控除のみなし適用

平成30年8月の制度改正により、未婚の養育者及び扶養義務者に対して、寡婦・寡夫控除があったとみなして所得額から控除する。

2判明までの経緯と対応

令和元年8月27日

香取健康福祉センターで、今年度の児童扶養手当の更新手続きにおいて、昨年度認定した「みなし適用」の誤りが判明した。その後、香取健康福祉センターの全ての「みなし適用」者について点検したところ、4名の認定誤りが判明した。

令和元年9月3日

香取健康福祉センターで、その他所得控除認定案件について点検したところ、新たに「寡婦・寡夫控除」の認定誤りが、昨年度分1件判明した。

令和元年9月4日

児童家庭課は、全センターに対し過去5年分について、所得控除等の認定誤りの有無について調査を実施した。

令和元年9月9日

山武健康福祉センターにおいて、平成28年度分3件の「寡婦・寡夫控除」認定誤りが判明した。

3過払い状況

(1)寡婦・寡夫控除
センター名 対象期間 返還額
香取健康福祉センター 平成30年8月~令和元年7月 58,880円
山武健康福祉センター 平成28年8月~平成29年7月 60,560円
山武健康福祉センター 平成28年8月~平成29年7月 60,480円
山武健康福祉センター 平成28年8月~平成29年7月 69,920円
合計  

249,840円

(2)寡婦・寡夫控除のみなし適用
センター名 対象期間 返還額

香取健康福祉センター

平成30年8月~令和元年7月 95,680円
香取健康福祉センター 平成30年8月~令和元年7月 95,680円
香取健康福祉センター

平成30年8月~令和元年7月

95,600円
香取健康福祉センター 平成30年8月~令和元年7月 95,640円
合計   382,600円

4対象者への対応

  • (1)本日までに、対象者に説明と謝罪を行った上で、返還方法について了解を得ました。
  • (2)対象者について、寡婦・寡夫控除等がなかったものとして認定し直しました。

5再発防止に向けて

健康福祉センターの担当者が、制度を十分に理解していなかったことやチェック体制の不備が原因であることから、以下のとおり再発防止を徹底しています。

  • (1)所属長は、手当額に直接影響のある所得認定にあたり、担当者に所得控除の適用者一覧を作成させ、担当課長とともに所得控除適用の適否の確認を徹底させるよう指示したところです。
  • (2)健康福祉センター及び市に対して、国のマニュアルに基づき、認定誤りのないよう慎重な事務処理に努めることを徹底するよう通知したところです。

よくある質問

Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

所属課室:健康福祉部児童家庭課ひとり親家庭班

電話番号:043-223-2320

ファックス番号:043-224-4085

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?